人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.24

フェラーリ史上最もパワフルな720馬力V8エンジンを搭載した『488 Pista』登場

フェラーリからまもなく開幕するジュネーブモーターショーでの公開に先駆けて、Ferrari『488 Pista』が発表された。『488 Pista』は、『360 Challenge Stradale』、『430 Scuderia』および『458 Speciale』といった、フェラーリV8スペシャルシリーズの後継モデルで、スポーティーなダイナミクスとレース由来の技術水準など、これまでのスペシャルシリーズから大きな進歩を遂げている。事実、このモデル名からは、フェラーリがモータースポーツで積み上げてきた独自の比類ない遺産に対して、自ら敬意を捧げていることが確認できるはずだ。

このモデルは、FIA 世界耐久選手権への参戦経験(シリーズ開始から6 年の間にGTE クラスに50 戦出場し29勝、5つのマニュファクチャラーズタイトルを獲得)と、フェラーリ・チャレンジ・ワンメイクシリーズの25年におよぶ経験を基にして誕生した1 台になる。

その広範な軽量化ソリューションは、エンジン、ビークルダイナミクス、エアロダイナミクス開発など、全てがフェラーリのレーシング・モデル、『488 GTE』と『488 Challenge』に由来している。こうして誕生したのが、「プロでないドライバーがステアリングを握っても、さまざまな状況でレーシングカー並みの走りを堪能できる」という妥協のない使命を担ったクルマだ。

『488 GTB』に比べて90 kg も軽量な(乾燥重量:1280 kg)この新型モデルは、スペシャルシリーズの中で最も高いエンジン出力を獲得(+50 CV)したため、フェラーリV8 スポーツカーの新たなベンチマークを打ち立てている。パワーユニットは、2016 年と2017 年にインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの総合優勝を受賞したターボユニットを大幅に進化させた、フェラーリ史上最もパワフルなV8 エンジンだ。

このエンジンは、インコネル製エグゾーストマニホールド、軽量のクランクシャフトとフライホイールなど、488 Challenge から採用されたソリューションと、チタン製コンロッドやカーボンファイバー・インテークプレナムなどの追加装備によって、クラス最高の比出力(185 CV/l)と最高出力720 CV を発揮する。

フェラーリのモータースポーツの経験を最大限に活用した『488Pista』は、ロードでも最高の空力性能を発揮する。採用したレーシングソリューションの中には、F1 由来のフロントS ダクトとフロントディフューザーも含まれており、このディフューザーは、強い吸引力を生み出してダウンフォースを高められるように最適化された、488 GTE のランプ・アングルを備える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ