人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.24

バイリンガル人材に聞く希望の転職先「外資系企業の日本法人」が圧倒的1位

英語ができると転職に有利なのだろうか。有利英語を使う求人を紹介する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキルを用いて働くグローバル人材を対象に実施した転職に関するアンケート調査の結果を発表した。

★グローバル人材の96%「英語力があると転職に有利」と回答

アンケート調査に回答を寄せた275人の会社員のうち、96%が「英語力が備わっていると転職に有利だと思うか」という質問に対し、「有利だと思う」と答えた。さらにネイティブレベル、流暢レベル、ビジネスレベル、会話レベルの英語レベル別に見ると会話レベルの回答者では「有利だと思う」の割合が91%だったのに対し、英語力に比例してこの割合が増え、ネイティブレベルでは全員が「有利だと思う」と回答した。年齢別でも25~34歳の回答者で91%、55~64歳の回答者で100%と回答に大きな年齢差は見られなかった。業種別では大差こそ見られなかったものの、IT分野で働く回答者のうち全員が「有利だと思う」と回答した。業種・年齢に隔てなくほぼ全員が英語力が転職を有利に進める上でも役立つと考えていることが判明した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ