人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイのスマホがauから登場!今年も中国メーカーの躍進が続くのか?

2018.03.23

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はファーウェイのキャリア端末「nova2」について議論します。

■au初のファーウェイ製スマホ「nova 2」

房野氏 ファーウェイがauに初めてスマホの「nova 2」を納入しましたね。ダブルレンズカメラ、高画素のサブカメラやビューティーモードで自撮りがきれいといった特徴があります。


房野氏

石野氏 発表会のときは日本にいなかったんですが、春の京セラ祭りにファーウェイ祭りが加わってきたっていう感じですね。


石野氏

法林氏 数少ないKirin(ファーウェイ製チップセット)のau VoLTE端末ですね。


法林氏

石野氏 ファーウェイは端末ラインアップが豊富なので、キャリア端末とSIMフリー端末をうまく住み分けられるなと思いました。novaシリーズは何のためにあるのか、若干分かりづらかったんですけど、novaシリーズはキャリアの若年層向け、春商戦向けの商品ということになれば位置付けがはっきりする。そういう意味だと、あの分かりづらいほどたくさんあるラインアップが功を奏している感じがします。SIMフリーではPシリーズのliteとMateシリーズ、KDDIはnovaというのは理解できる。

石川氏 まあでも、あまり考えられてなかったね。


石川氏

房野氏 ファーウェイの説明では、nova 2のターゲットは20代から30代ということだったと思いましたが……

法林氏 auが言っていることとファーウェイが言っていることが違う。ファーウェイは20代から30代の女性もしくは40代から50代の男性。要するにファミリー層を突いた。ママさん端末を狙ってるっぽい。auの方は、ダブルレンズを搭載したモデルが「isai」と「Galaxy Note8」しかないので、カメラを評価したみたいな言い方をしていた。

石野氏 novaはもともと若者向けの端末としてローンチしていた。

法林氏 どちらかというと10代向けという感じだった。10、20もじゃないけど、なんで5歳くらい上がっているのかって。

石野氏 1年で変わった。そういう意味ではauのターゲット設定のほうが正しい。実際に端末を使ってみたんですけど、セルフィ、デュアルカメラ、以上っていう端末なので、下手におっさんとかに向けるより若い世代に行った方がいいなって気はしました。auで3万円台というのも安いと思う。それであの質感だし、いいなと思ったんですけど、細かく見ていくとWi-Fiの5GHz帯に対応していなかった。

法林氏 2.4GHz帯だけ。今だと結構痛い。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。