みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >イオンモバイルが月額480円でau回線…

イオンモバイルが月額480円でau回線も利用できる格安SIMを発売(2018.02.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月に2周年を迎えたイオンリテールが提供する「イオンモバイル」では、さらなる市場開拓を目的に、取り扱いMVNOが少ないau回線の格安SIMサービスを3月1日より開始すると発表した。

■「イオンモバイル タイプ1(au)回線」サービス概要
□開始日
・3月1日(木)
□取り扱い店舗
・全国の「イオン」契約即日納品店舗約220店舗(沖縄をのぞく)
・オンラインショップ
・「ゲオモバイル」イオンモバイル取扱い店舗 16店舗(4月上旬予定)
□プラン/全29種類
・データプラン 480円(1GB)/月〜
・音声プラン 1130円(500MB)/月〜

2014年、同社は前身の「イオンの格安スマホ」で“格安スマホ”の火付け役となって以来、格安スマホ・格安SIMの市場拡大とカスタマー満足に取り組んできたと説明。MM総研開示資料によれば、いまでは700を超えるMVNOの参画により、格安SIMの契約数は2014年と比べ3倍以上まで急成長しているという。

そんな中、同社では「 イオンモバイルは、本業の小売業やグループ資源の最大活用で低コスト運営をしているので、販促費等過剰なコストを価格に転嫁する必要がない」と強調。その結果、業界最安級価格とメガキャリアと同等の手厚いサービスの両方を実現しているという。

MVNO市場は飽和感のある一方、2018年3月末には個人向けMVNO回線(独自サービス型SIM)は1000万回線超に、2022年3月末には2000万回線超になると予測されている(MM総研開示資料)。さらに同社では今後は、MVNOが提供する格安SIMのユーザーが、ITリテラシーが高い顧客を中心とした利用から、WEBを経由した契約に不安を抱く人にも広がると予測。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。