人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.23

会話も弾む!業績アップのオフィス作りは〝ワイガヤ感〟がキモ

 かつて、オフィスは机と椅子が規則的に並んだ空間だったが、最近は激変している。ベンチャー企業だけでなく、老舗企業も続々とフリーアドレスを導入し、今の時代に即した快適なオフィス化が進んでいるのだ。そこで、世界的なIT企業のオフィスを手がけるスイスの家具メーカー・ヴィトラジャパンの片居木(かたいぎ)亮さんにお話を伺った。

「日本のオフィスが変わった背景には、業務のデジタル化、働き方改革などがあります。デスクのほかに、ソファやテーブルなどで気分転換できるスペースの設置はもちろん、卓球台や健康機器を置く企業も増えています」

 企業側の狙いは生産性の向上。

「今、あらゆる業務に創造性が求められています。そこで重要なのは、社員同士の会話。問題を気軽に話し合い、人脈や経験を交換し合うなど、雑談しやすい環境作りがこれからのオフィスのキモになる部分です。一方で、個人で集中しアイデアを発展させるブースのニーズも高まっています。それぞれの企業の働き方に合った環境が求められています」(片居木さん)

 この〝ワイガヤ感〟から効率化が進み、新しい思考も生まれる。オフィスのレイアウトを一新した後、業績が上がった企業は多いという。

 ワイガヤオフィスにはもうひとつの目的がある。人材獲得だ。

「閉塞感がある旧来のオフィスよりも、ここで働きたい、と思える環境に人が集中する傾向があります」(片居木さん)

 優秀な人材は居心地がいいオフィスに集まり、互いに高め合い、いい仕事をしていく。この好循環が次世代のオフィスに欠かせない。

■アイデアが生まれるジャングルジム

イトーキ『PiOフレーム』

イトーキ『PiOフレーム』

打ち合わせスペースでありながらエクササイズもできるフレーム。下が人工芝でリラックスしながら会話ができる。フレームにはぶら下がることもでき、公園で遊ぶ感覚でリフレッシュが可能。目線が変わることでアイデアが生まれると導入企業からも好評。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。