人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.20

タルト、食パン、トリュフパスタ、メニューはひとつだけの「超専門店」がなぜ流行る?

 東京駅構内に漂う芳ばしい香りに誘われて足を向けると、そこに現われる長蛇の列。それは焼きたてのクッキーに、北海道産フレッシュバターをふんだんに使ったバタークリームとバターキャラメルを挟み込んだ『プレスバターサンド』を求める人々の姿だった。『プレスバターサンド』は、今、話題の製菓企業BAKE Inc.の新商品。同社は『ベイク チーズタルト』など6つのブランドを展開しているが、各店舗で販売するのは1商品のみ。2013年に同社を立ち上げた会長・に聞いた。

「きっかけは、父の製菓会社『きのとや』で働いていた時、海外の催事出店でのアクシデントです。包装資材が足りなくなり、冷蔵で売っていたチーズタルトを、焼きたての状態で販売するしかなくなってしまった。ところが、焼きたての香りやライブ感に誘われて、それまでの何倍ものお客様が行列を作るようになったんです」

「これだ!」と思い、帰国後、日本でも「焼きたて」に変更。商品もチーズタルト1種類に絞った。これにより1日数十個だった販売数は、毎日数千個に。この体験をもとに、現在のビジネスモデルの着想を得て、独立、起業した。

「1商品しかない良さは、お客様が迷わない、これに尽きると思います」と話すのは、神戸にあるこだわり食パン専門店『麦麦(バクバク)』代表取締役の井元真貴さん。「飽きられないための工夫は何もしていません。ただ食パンと向き合って、より深く追求していくことだけ。専門店としての極みに、小手先の手法は似合いませんから……」。その潔さと真摯な姿勢が、人々を「超専門店」に並ばせるのだろう。

■ザクッ、ほろっ、とろ〜がたまらない!

PRESS BUTTER SAND

『PRESS BUTTER SAND』プレスバターサンド/東京に3店舗

和の製法をルーツとしたオリジナルプレス機で「狭み焼き」を採用。高熱で瞬時に熱を通し、クッキーを焼き上げる。チーズタルトなどの半生菓子業態で培った技術を活かし、土産菓子への本格進出となった。

Shop Data                 

PRESS BUTTER SAND shop data

『PRESS BUTTER SAND』
住所/東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内
電話/03・4362・4147 営業時間/8:00~22:00
1個170円、6個入り1020円、10個入り1700円(税込み)。ほかに東京ソラマチ店、池袋駅店も。

【 BAKEは〝1Brand=1Product〟で急成長中!】

長沼真太郎さん

「1商品に絞り込むことで、お菓子を作るすべてのプロセスにこだわり、私たちの考えるベストな商品を提供できる」と話す長沼さん。店舗で廃棄がほとんど出ないこと、オペレーションを効率化できることも良さのひとつだという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ