人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.20

人気のトレインビューが楽しめる新大阪の東横イン


東横インのシングルルーム。

 東横インは高知県を除く46都道府県のほか、韓国、カンボジア、フィリピン、ドイツに計269店舗を展開。今後、国内に7店舗のオープンを予定している。旅や出張などの際は、東横インに泊まってみてはいかがだろうか。

■東横インの魅力

 このホテルの魅力をいくつかあげておこう。

(1)無料朝食サービス

 フロントを構える1階では、無料朝食サービスがある。多くの店舗はおにぎり、みそ汁、パンなどが提供される。なお、一部の店舗では早朝の30分間限定で、パンとコーヒーのみのサービスとなる。

(2)無料パソコンサービス

 インターネットの閲覧ができるほか、プリンターも備えている。なお、ワードやエクセルを使いたい方は、ノートパソコンの有料貸し出しサービス(1回1,000円)がある。

(3)会員になるとおトク

 会員登録すると、宿泊日の6か月前から予約できるほか、15時からアーリーチェックインが可能、宿泊料金は毎日割引(平日と土曜日は5%、日曜日と祝日は20%)、10泊(レディースVISAカードは5泊)すると1泊無料の権利を得られるなど、おトク。

 なお、チェックイン時に「東横INNクラブカード」を提示しないと、割引料金の適用やポイントの加算ができない。

(4)新店舗オープン時は宿泊料金が安い

 東横インは新規店舗オープンから1か月間は、「サンキュー・ゴメンネ キャンペーン」と称し、シングルは1泊3,950円(税込4,266円)、ダブルとツインは1泊5,390円(税込5,821円)で、宿泊できる。

 上記料金は、東横イン公式ホームページからの予約限定で、2泊まで可能。期間中はほかの割引が適用されない。

(5)店舗によっては、トレインビューの部屋に当たるかも

 店舗のほとんどは、駅から徒歩数分なので、部屋によっては列車を眺められる。おもなトレインビューホテルは、こちらを御参照あれ。


東横イン米原駅新幹線西口の“車窓”から。米原は在来線始発列車が多く、青春18きっぷユーザーにとっては絶好の宿だ。

 東横インのホームページでは39店舗しか紹介していないが、実はもっとある。それを“探す楽しみ”も魅力のうちに入るだろう。

 今回取り上げる新大阪の3店舗は、部屋によってはトレインビューができる。さらに2018年3月16日から「新大阪第4の店舗」として、東横イン新大阪東三国駅前がオープンする予定だ。

 それでは、当方の宿泊経験に基づき、各ホテルのトレインビュースポットを御案内しよう(東横イン新大阪東三国駅前を除く)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ