人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.20

絞りをマスターしてボケのキレイな写真を撮る方法

 念願の一眼レフカメラをゲット。やっぱりスマホとは一味違った良い写真が撮れる。

 最初のうちは、そんな感動があると思います。でも、しばらく撮っていると、「なんか違う」と感じることがあるかも知れません。中には、最初からその違和感を持った人もいるでしょう。もし心当たりがある方は、確認してみてください。

 オートモードで撮ってませんか?

 ここで言うオートモードは「P(プログラムオート)」や、シチュエーションごとに設定ができるシーンモードも含んでいます。つまり、「絞り」と「シャッタースピード」をカメラが自動で調整してくれるモードです。この2つの要素は、カメラの基礎知識がないと調整が難しいため、初心者にとって、ここを自動で設定してくれるのは大変ありがたい話しになります。

 しかし!

「絞り」と「シャッタースピード」は、どんな写真を撮りたいかという表現の部分に大きく影響する項目であり、写真を自分なりにでも良いものにしたいと思った場合、コントロールできるようにならなければなりません。

「もっと背景をボカして被写体を際立たせたい!」

「彼女と一緒にうしろの景色もちゃんと写したい!」

 このような具体的なビジョンを写真で描くためには、基本的な知識が必要なのです。逆に言えば、「絞り」と「シャッタースピード」について基本的なところさえ押さえておけば、今までの写真とは一線を画す、ハイクオリティな写真を生み出すことができるのです。そう、脱初心者です!

 今回は、2大要素のうちのひとつ「絞り」について解説をしようと思います。みんな大好きなボケに大きく関わる要素なので、ボケのキレイな写真が撮りたい、と思う方はぜひ参考にしてみてください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ