人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.24

プレイリスト編集画面も復活!時短再生機能が充実した東芝のBDレコーダー新型『レグザブルーレイ』

東芝映像ソリューションは、現行の「時短」機能をさらに進化させた、トリプルチューナー搭載で容量3TBのブルーレイディスクレコーダー『レグザブルーレイ DBR-T3008』を3月中旬より発売する。なお、2TBの『DBR-T2008』、1TB『DBR-T1008』も同時発売。さらにダブルチューナーモデルの『DBR-W2008』(2TB)『DBR-W1008』(1TB)『DBR-W508』(500GB)は3月下旬発売。価格はいずれもオープン価格。

レグザブルーレイ DBR-T3008

今回の新モデルでは、番組ごとに「通常再生」「らく見」「らく早見」「飛ばし見」の4つのコースから簡単に再生できる機能に対応した。その中でも「らく見」「らく早見」は番組の内容を省略することなく「時短」が実現できる再生コース。録画リストや時短で見るリストからはコースごとに視聴にかかる時間が表示されるため、効率よく番組を楽しむことができる。さらに、再生中に時短されている映像を確認できたり60分、30分、15分以内の番組だけに絞り込んで表示したりすることができるようになり、「時短で見る」がよりわかりやすく便利になった。

インターネットへ接続しなくても毎日更新される豊富な人物リストから好きな人物を選んで番組表検索ができるほか、時短リストに登録しておけば予約録画番組、おまかせ自動録画番組の中から登録した人物が出演している番組だけをすばやく探すことも可能です。また、ダビングから「おまかせダビング」を選択するだけで番組の「らく見」で視聴した部分だけを光ディスクにダビングすることや、スマートフォンなどでの持出用に変換することもできるため、面倒な編集作業を省略することが可能だ。

操作の内容を「現在放送中の番組を見る」や「録画番組を見る」、「番組を持ち出す」といったわかりやすいメニューから選択できるようになった。スマートフォンで表示する「録画リスト」や「時短で見る」リストから番組を選び、視聴先をテレビにするかスマートフォンにするかの選択や時短コースの選択ができ、テレビで視聴していた番組の続きをスマートフォンで視聴することや、逆にスマートフォンで視聴していた番組の続きのテレビ視聴にも対応。より実用的な使い方ができる。

また、スマホ優先モードで録画しておけば、録画終了と同時に番組をスマートフォンに持ち出せる。編集後などで持ち出し変換が必要な場合でも最大3倍速の高速変換が可能になり、持ち出すまでの時短も実現させた。
さらに、番組表だけではなく予約ランキングからの予約にも対応し、人物名から予約したい番組や視聴したい番組を簡単に選択することができるなど、スマートフォンでの使い勝手が大幅に向上している。これにより、手持ちのスマートフォンをプライベートテレビとして使用したり、スマートフォンだけでリモコン操作したりすることもできるため、今までにない利用シーンが想定できるようになった。

毎回予約した番組の自動分類・まとめ表示にも対応。選択した番組の番組名のスクロール表示をやめ、2行ポップアップ表示に変更された。フォルダは「すべて」と「未分類」を使い方に応じて非表示にできるほか、フォルダ内連続再生、フォルダダビング、変換予定番組をすぐに変換する機能も装備する。

そして旧機種使用のユーザーから要望の多かったプレイリスト編集画面が復刻。同時に旧機種よりも選択決定までの操作感が大幅に向上し、選択した番組やチャプターをそのままダビングできるようになっているため、こだわりの手動編集も快適に使うことが可能。光ディスクにダビングした番組のチャプター一覧表示にも対応したり、ファイナライズ済みのDVD-RWディスクへの追記も簡単に行なえる。

関連情報

http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/

構成/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ