人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.23

画像処理や動画編集に強いGeForce GTX 1050 Tiを搭載したレノボの15.6型ノートPC『ideapad 720S』

レノボ・ジャパンからデジタル写真や動画の編集が快適に行なえ、Windows MRに対応したハイパフォーマンスノートブック『ideapad 720S』が発売された。デジタルカメラやスマートフォンの進化にともない、高精細な画像・映像の撮影が手軽になり、自宅でRAWデータの画像処理や動画編集を楽しむ層が広がりつつある。

ideapad 720S

そこで同社では、こうしたユーザー向けに、この『ideapad 720S』を開発。クリエイティブ利用の他、MRコンテンツ、オンラインゲームなども快適に楽しめるモデルとして誕生した。価格は16万4800円から。

『ideapad 720S』は、優れた処理能力を誇る標準電圧版のクアッドコアCPU、インテル Core i7/i5プロセッサー、高性能グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。さらに高速DDR4 デュアルチャネルメモリー、PCIeSSDを装備したハイパフォーマンスモデルだ。映り込みが少なく見やすい非光沢IPS液晶は、実際の色を忠実に再現。ディスプレイは狭額縁デザインを採用しており、光学ドライブを廃した設計により、17.95mmの薄型ボディーを実現している。一般的な15.6型ノートPCと比べて、コンパクトで持ち運びやすく、さらに約9.8~12.2時間の長時間バッテリー駆動により、モバイル利用にも便利だ。

ideapad 720S

microSDメディアカードリーダーを備え、スマートフォンで撮影した写真や動画データなど、microSDカードを介して手軽にデータ転送が可能だ。またJBLスピーカーを内蔵し、Dolby ATMOSに対応するなど、映像だけでなく、サウンド面でも高いレベルを実現。RAWデータの画像処理や動画の編集をはじめ、MRコンテンツ、ゲームなどの利用に適したハイパフォーマンスノートPCといえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ