人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.23

ゲームでリアルなフライト体験が楽しめるLogicool Gのシミュレーションコントローラー

世界的なゲーミングデバイス企業、Logitech International の⽇本法⼈、ロジクールは、ゲーミングブランド「Logicool G」よりシミュレータ⽤周辺機器「Saitek」の3機種を3月1日より、全国家電量販店ならびにeコマースサイトにて発売を開始する。

RGB 対応スロットル&スティック式シミュレーションコントローラー
『X56 HOTAS』3万2630円

最新のVR ゲームや、近年再び熱を帯び始めたスペースシミュレーションゲームの没⼊感を⾼めるために開発されたコントローラー。親指位置に搭載されたアナログスティック、RGB ライティング、16 ビットの軸操作(昇降舵と補助翼)、189個のプログラム可能なコントロールなどを備えたフライトコントロールになる。

宇宙船の動作がよりダイナミックになった最先端のスペースシミュレーターでは、操縦の複雑さが増しているだけでなく、地球の⼤気圏外を⾶ぶ従来のフライトシミュレーションとは全く異なる縦⽅法が求められてくる。6Dofとは「6⾃由度」のことで、宇宙船の操縦に必要な全ての⾃由度(ピッチ、ロール、ヨー、前進/後退、上昇/下降、左進/右進)を操作することができる。
*6DoF = 6 Dimension of Freedom

本体サイズはスティック:幅225×奥行き185×高さ266mm.、1123g。スロットル:幅225×奥行き185×高さ170 mm、1156g


メタルパーツ採⽤スロットル/スティック式シミュレーションコントローラー
『X52 PROFESSIONAL HOTAS』2万8310円

オリジナルの『X52』が持つ特⻑全てが⼀段アップグレード。さらに上位グレードのマルチファンクションLCD ディスプレイを採⽤したことで、ゲーム内のリアルタイム表⽰が可能になった。⾦属製のコアを備えた⾼精度のデュアルスプリング機構を新たに搭載したほか、上質な材料を使⽤したことによって⾒た⽬も⼀新され、より洗練されたデザインに仕上がっている。
本体サイズはスティック:幅170×奥行き170×高さ278mm、905g。スロットル :幅 170×奥行き170×高さ190mm、728g。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ