人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.12

街中が酔っ払いだらけのけしからん祭り「土佐のおきゃく」って知ってる?

 高知市には初春に繰り広げられるイベントがある。それは真夏のよさこい祭りに負けず劣らずエネルギッシュ。市内中心部にたくさんの人が集い盛り上がるのだが、酒飲みが主役となる変わったお祭りだ。

■高知中心街で繰り広げられる大宴会

 その名は「土佐のおきゃく」。おきゃくとは土佐弁で宴会のこと。2006年から数えて今年で13回目。2018年は3月3日(土)~11日(日)までの9日間で開催される。

 当然、宴会だからお酒が出ます。いや、出るのが当たり前というか、土日などは中央公園や帯屋町アーケード街にはあちこちに席が設けられ、お酒やつまみを売る店もズラリ。

 右を見ても左を見ても、酒飲みで盛り上がっているという、まっことけしからん(うらやましい)祭りなのだ。

 けれど、ただ単に飲むだけじゃない。高知らしさをしっかり理解できる構成を大切にし、酒や食、歌や踊り、マンガなど、高知ゆかりのものが揃う。盛り上がって酔っぱらっていくうちに、高知の酒文化にしっかり触れることになるわけだ。

■べろべろの神様って何者?

 期間中は40ほどのイベントが開かれる。詳細は公式ページのガイドブックを参照していただきたいが、一部を除き当日参加OK。とくに前半の土日は一気に盛り上がる。

 まず最初に足を運ぶべきは、全国の酒飲みを見守る「べろべろの神様」の元。こちらは土佐の御座敷遊びで昔から唄われている神様で、メーン会場の中央公園内に祀られている。参拝すれば、少々の酩酊も許してもらえる……はずです(笑)

 

 また、直接おきゃくと関係はないが、酒好きなら市内の山内神社も訪れてみよう。ここには酒をこよなく愛した土佐藩主、山内容堂の坐像がある。通常、大名の像は勇壮なものが多いが、手に杯を持っているのが特長だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ