人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.21

盗難防止からブレーキに反応する尾灯まで対応!究極の自転車用テールライト『Rayo』

ヤベツジャパンではクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、盗難防止からブレーキに反応する尾灯まで対応する究極の自転車用テールライト『Rayo』を先行予約受付を開始した。Makuakeでは早期予約割引として、6400円コースなど定価の12〜33%OFFのコースが用意されている。募集期間は2018年3月29日(木)まで。製品は2018年6月に発送予定だ。

Rayo

ヤベツジャパンは、サイクリストのためにデザインされた自転車用テールライト『Rayo』を2018年2月5日よりクラウドファンディングにて公開し、目標金額の20倍以上を達成した。ラヨはHauteworks Inc.により開発され、盗難防止からブレーキに反応するブレーキランプまでスマートな機能を搭載し、サイクリストの注目を集めている。

Rayo

『Rayo』は光学技術を適用した高輝度LEDやモーションセンサー、Bluetooth接続などの機能はユーザーのライドを安全にするだけでなく、より楽しくてスムーズにしてくれるスマートなテールライトになる。
『Rayo』はLEDライトを集中させるTIR(特殊集光)レンズを採用し、3つのLEDで後側と側面からの可視性を向上させる。ブレーキをかけると『Rayo』が自転車のスピードダウンを感知し、ブレーキランプをつけて後方に注意を喚起。この機能のポイントはドローンにも内臓される動きを正確に感知するアルゴリズムにある。各LEDライトの点滅パターンはユーザーのライドスタイルや交通状況、天候に合わせて設定を変更が可能だ。

Rayo

そして他に例のない『Rayo』の機能がLEDライトのシンクロ機能だ。同行しているほかの『Rayo』と点滅パターンをシンクロさせることが可能で、グループライドではよりグループとして目立つことができる。シンクロは複雑なペアリンクなしでも動作する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ