人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.21

63m先まで声が届くオーディオテクニカのハンズフリー拡声器『ATP-SP404』

オーディオテクニカは、2月23日よりハンズフリー拡声器『ATP-SP404』の発売を開始する。価格はオープン価格。
拡声器は、店頭販売や講演会、スポーツ指導といった"声をきちんと届けたい"あらゆるシーンでの使用が想定されるが、近年の防災意識の高まりや東京オリンピック開催による観光業の盛り上がりにより、今後さらに需要が増加すると、同社では予測。これまでにも、ワイヤレスデジタルアンプシステムや、スピーカー部を身体に着けて使えるハンズフリー拡声器などを発売しているが、よりユーザーが目的に合わせて製品を選べるように、ラインアップを強化していく、と説明している。

ATP-SP404

今回発売される『ATP-SP404』は、スピーカーと付属のハンズフリーマイクロホンを身に着けることで、両手が自由に使えるハンズフリー拡声器だ。独自の音響技術により、最大約63mの距離まで、はっきりとした声を届けることができるという。電池部は、繰り返し使える専用充電池を採用するほか、単3形ニッケル水素電池や単3形アルカリ乾電池にも対応。使用シーンに応じて選択できる。

併せて省エネ設計により、最大約13時間の連続再生を実現。IPX2相当の防滴仕様にも対応しており、屋外でも安心して使用できる。また、ポータブルプレーヤーなどの外部機器とつなげることで、音楽を流しながらの使用にも対応。さらに、スポーツ指導時や防災備品として便利なホイッスル機能も搭載している。

ATP-SP404

デザインには、なじみやすい楕円型ボディを、カラーには、男女ともにつけやすく清潔感漂うホワイトカラーを採用。シンプルな操作方法で、誰でも簡単に使える。また、ベルト型、ボディーバック型、ショルダーバック型の3タイプから好みのスタイルで装着できることに加えて、据え置き型としても使える。

ATP-SP404

本体外形寸法は高さ109.5×幅189.3×奥行き56.7mm、約375g(電池,ベルト除く)。通達距離は音声:約63m(JEITA TT-4501C)、ホイッスル:約40m(JEITA TT-4501C)。再生周波数帯域は200~1万8000Hz。

製品情報

https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2990

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ