人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.18

イケアのあの不思議な商品名には秘密があった!

ネット通販全盛時代に知っておきたいリアル店舗の“秘密”

 ネット通販全盛のなかにあって、リアル店舗で買い物をする機会が減ったという向きも少なくないと思うが、それでも実際に目で見て手に触れてから商品を買いたいというニーズがなくなることはないだろう。折に触れて訪れる実店舗だが、気づくと気づかざるとにかかわらず、店の中にはいろんな“秘密”があるようだ。

■IKEAの不思議な商品名には秘密があった

 現在日本国内に8店舗を構えるスウェーデンの家具メーカー「IKEA」だが、今年秋には愛知県長久手市に新店舗の開業が予定されている。その後も出店計画が進んでおり、昨年の発表では2020年に日本全国で14店体制を目指すということだ。

 スウェーデンの会社ということもあり日本人にはあまり気ならないところかもしれないが、IKEAで販売されている商品の名前は英語圏からしてみるとなかなか異様なものである。例えばオフィス向けPC用デスクのシリーズの「BEKANT」やデスク用LEDランプの「HARALIDEN」、そしてチョコレート風味のスイーツ「GODIS JULKOLA」など、つかみどころがない(!?)名前がつけられている。

 そもそも、社名の「IKEA」からして不思議な語感があるだろう。実はIKEAのスペルは、創業者のイングヴァル・カンプラード(Ingvar Kamprad)のイニシャルと、彼の家族の農場の名前「Elmtaryd(エルムタリュード)」、彼が育った村の名前「Agunnaryd(アグナリッド)」の頭文字を取って繋いだものであるということだ。

 そして、奇異な感じを受けるIKEAの数々の商品名の理由は、意外なことというべきか、カンプラード氏が難読症(ディスレクシア)であることに起因するという。難読症によって数字の組み合わせや単語のスペルがなかなか記憶できないために、商品ジャンルによってある身近なカテゴリーを対応させたネーミングが行なわれているのだ。その命名の“法則”が以下の通りだ。

ネット通販全盛時代に知っておきたいリアル店舗の“秘密”
Ouartz」より

・バスルーム用品=スウェーデンの湖や河川域の名前。
・ベッド用品(シーツなど)=花、植物の名前。
・ベッド、衣装ダンス、家具=ノルウェーの地名。
・本棚=職業名、スカンジナビアの男の子の名前。
・ボウル、花瓶、キャンドル、キャンドルホルダー=スウェーデンの地名、形容詞、香辛料、ハーブ、果物、ベリー類の名前。
・箱、壁飾り、絵画と額縁、時計=スウェーデンのスラング表現、スウェーデンの地名。
・子ども向け用品=哺乳類、鳥類、形容詞。
・デスク、椅子、オフィス用回転椅子=スカンジナビアの男の子の名前。
・生地製品、カーテン=スカンジナビアの女の子の名前。
・庭用設備=スカンジナビアの島の名前。
・キッチン用品=魚類、マッシュルーム類、形容詞。
・照明器具=(度量衡)単位名、季節名、月、日、運輸・海運用語、スウェーデンの地名。
・カーペット(ラグ)=デンマークの地名。
・ソファ、アームチェア、チェア、ダイニングテーブル=スウェーデンの地名。

 いくつか重複している要素もあるが、社内にはネーミングを専門で行なう部署があり、新製品の命名には基本的に外部の意見は受け入れずに部署内で厳密に決められるという。商品を言葉や数字ではなく、イメージで関連付けているのだ。難読症の理解の糸口になると共に、IKEAに行く機会には会話のコネタになる話題ではないだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ