人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.22

いやなニオイの発生を防ぐ!バスタオルが乾きやすい干し方

皆さんは風呂上がりにどんなタオルをお使いだろうか。ライオンが以前、首都圏に住む20~50代の既婚女性500人を対象とし、家庭でのお風呂あがりのタオルに関する意識調査を実施したところ、以下のような結果が出た。その結果報告に加えて、同社お洗濯マイスターによる、バスタオルのお洗濯のコツやニオイ対策も紹介する。

 

■お風呂あがりに思いどおりのタオルを使えている人は僅か2割

既婚女性に「お風呂あがりに使いたいタオル」を聞いたところ、大きさ、厚さ、なめらかさ等、様々な希望があった。しかし、「実際に使っているタオル」を聞いて「希望するタオル」と比較したところ、思いどおりのタオルを使えている人は僅か23.2%だった。

■思いどおりのタオルを使えていない人のうち8割は小さめか薄めのタオルで我慢する「バスタオルあきらめファミリー」

お風呂あがりに思いどおりのタオルを使えていない人のうち、小さめ、もしくは薄めのタオルで済ませている人が79.2%を占めていた。この人々を本来大きくて厚いバスタオルを使いたいのに使えていないという観点で、「バスタオルあきらめファミリー」とした。

■大きくて厚いタオルではなく、小さく薄いタオルを利用する理由は「(大きくて厚いタオルの)乾きにくさ」。「ニオイ悩み」にもつながっている

「バスタオルあきらめファミリー」に、大きくて厚いタオルではなく小さく薄めのタオルを利用する理由を聞いたところ、「(大きくて厚いタオルは)乾きにくいから(55.9%)」が1位に、続いて干すスペースや洗濯の手間と、洗濯にまつわる悩みが上位を占めた。一方、乾きにくさに悩んでいる人ほどニオイにも悩んでいることもわかった。乾きにくさに悩んでいる人では、6割以上がいやなニオイにも悩んでいる。

 

また、ニオイ悩みの具体的なシーンを「バスタオルあきらめファミリー」の方々に聞いてみると、「湿った状態のタオルを使うとき(88.7%)」「部屋干ししているとき(83.5%)」など濡れたタオルのニオイを特に気にしていることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ