人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.13

コンビニで〝ついで買い〟を減らす5つの心得

意外と盲点!コンビニの無駄遣いを減らすテクニック5つ

毎日のように利用しているコンビニ。何気なく便利で入ってしまうが、気を抜くと無駄遣いしやすい場所だ。どうすればコンビニでの無駄遣いが回避できるのか、ファイナンシャルプランナーに聞いた。

■コンビニでのよくある無駄遣い

意外と盲点!コンビニの無駄遣いを減らすテクニック5つ

今回ノウハウを教えてくれたのは、ファイナンシャルプランナーの前田菜穂子さんだ。

まずはコンビニでよく陥りがちな無駄遣い例を3つ教えてもらった。

1.陳列の工夫で予定外の「ついで買い」をしてしまう

「コンビニのレジ前や通路沿いには、季節性の高い商品や話題の商品が陳列されています。お店側は需要の掘り起こしのために、そういった場所を使って商品をアピールします。例えばレジに置いてある地味なまんじゅうは100円という小さい金額ですが、1日1,000人のお客さんが全員買うとすれば10万円の売り上げUPです。1店舗の売り上げは平均40万円~60万円といわれているので、大変な貢献度に。店内随所に『あと1品』買わせるための仕掛けにお店側は日々知恵を絞っているわけです。これに乗せられて、思わず『ついで買い』してしまいます」

2.「新製品」「限定」という言葉に惹かれてつい買ってしまう

「“新製品”や“限定”は、欲しい気持ちを刺激するキーワードです。日常的に買うものでなくとも『今だけ』『ここだけ』買っておこうかと予定外の無駄遣いをしやすいです。例えばカップアイス一つは250円程度ですが、プレミアムなラインだと400円と、150円も高いのです。スーパー198円程度で特売に出ていることがよくあります。コンビニでしか買えない限定味にこだわらなければ、スイーツ代の節約もできますね」

3.割引セールでつい買ってしまう

「おにぎり100円セール、サンドイッチとコーヒー同時お買い上げで10円引きなども、『もう1点買ってもらう』ための仕掛けです。お店側からすると、2のように『今だけだから買わないと損』という気持ちになってもらうのが狙いです。この割引セールにお得さを感じて、つい無駄遣いしてしまいます」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ