みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >売れ筋ターンテーブルとスピーカーで…

売れ筋ターンテーブルとスピーカーで始めるアナログレコード入門(2018.02.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 今、古くて新しい音楽を愉しむスタイル「アナログ」がブームだ。お気に入りの音楽をLPレコードで聴こうという人が増えている。そんなファンの要望に応えるカタチで、ターンテーブルの新製品がアナログ入門者向けに続々と登場しているのだ。

 そこで、オーディオテクニカのターンテーブル「AT-PL300BT」「AT-LP3」と、ワイヤレスを含む売れ筋スピーカーの組み合わせという、新旧オーディオのマッチングにより、LPレコードを気軽でお得に再生してみたい。


オーディオテクニカ「AT-PL300BT」「AT-LP3」とBluetoothスピーカーによるアナログ再生に挑戦する

 始めに挑戦したのがオーディオテクニカの「AT-PL300BT」を使ったアナログ再生だ。「AT-PL300BT」はアナログのターンテーブルとしては異例ともいえる、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応する、今のライフスタイルにフィットしたモデルだ。

「AT-PL300BT」は本体サイズがまずコンパクトだ。そしてカートリッジ(レコード針)まで一体型となり、実にシンプル。そして、アナログ再生環境を整える上でハードルとなるフォノイコライザーも内蔵しており、コンポやアクティブスピーカーといった一般的なオーディオと直接接続することが可能だ。

 フォノイコライザーとは、ざっくり説明するとターンテーブルからの信号を増幅する装置で、かつてはアンプに内蔵されることが多かったのだが、最近は搭載されていないことが多い。ターンテーブルに内蔵されていれば、わざわざフォノイコライザーを用意する必要がない。これは初心者にはありがたい。


小型デザインの「AT-PL300BT」。実売価格は2万1470円程度


トーンアームは一体型。フルオート再生に対応する


音声出力はPHONO出力の他に一般的なLINEにも対応

1 2 3 4 5 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。