小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

売れ筋ターンテーブルとスピーカーで始めるアナログレコード入門

2018.02.13

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 今、古くて新しい音楽を愉しむスタイル「アナログ」がブームだ。お気に入りの音楽をLPレコードで聴こうという人が増えている。そんなファンの要望に応えるカタチで、ターンテーブルの新製品がアナログ入門者向けに続々と登場しているのだ。

 そこで、オーディオテクニカのターンテーブル「AT-PL300BT」「AT-LP3」と、ワイヤレスを含む売れ筋スピーカーの組み合わせという、新旧オーディオのマッチングにより、LPレコードを気軽でお得に再生してみたい。


オーディオテクニカ「AT-PL300BT」「AT-LP3」とBluetoothスピーカーによるアナログ再生に挑戦する

 始めに挑戦したのがオーディオテクニカの「AT-PL300BT」を使ったアナログ再生だ。「AT-PL300BT」はアナログのターンテーブルとしては異例ともいえる、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応する、今のライフスタイルにフィットしたモデルだ。

「AT-PL300BT」は本体サイズがまずコンパクトだ。そしてカートリッジ(レコード針)まで一体型となり、実にシンプル。そして、アナログ再生環境を整える上でハードルとなるフォノイコライザーも内蔵しており、コンポやアクティブスピーカーといった一般的なオーディオと直接接続することが可能だ。

 フォノイコライザーとは、ざっくり説明するとターンテーブルからの信号を増幅する装置で、かつてはアンプに内蔵されることが多かったのだが、最近は搭載されていないことが多い。ターンテーブルに内蔵されていれば、わざわざフォノイコライザーを用意する必要がない。これは初心者にはありがたい。


小型デザインの「AT-PL300BT」。実売価格は2万1470円程度


トーンアームは一体型。フルオート再生に対応する


音声出力はPHONO出力の他に一般的なLINEにも対応


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。