人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.13

「恋をすると、盲目になる」は本当か?

恋に落ちて周りが見えなくなり、冷静な判断ができなくなる状態を「盲目の恋」と言うこともある。大抵の人は、振り返ればなぜ付き合っていたのか、そもそもなぜ好きになったのか分からないという、若い頃の恋が一つや二つはあるかもしれない。マーケットドライブが以前、アンケートを通じて20〜49歳の独身女性100名に過去の恋愛に関する、自身の体験談を集めた。

アンケートでは、盲目の恋に落ちてしまった過去の体験談が集まった。

・見た目がかっこよく付き合ってみたのですが、頭はてんで良くなく、変に天然だったので会話に疲れて別れることになりました。(20代/女性/会社員)
・ギャンブル好きで借金が多く、女好きで浮気ばかり、でもイケメンでやさしかったからズルズルと付き合っていました。(40代/女性/契約派遣社員)
・とっても素敵な人と仲良くなって浮かれていたら、実は結婚していた。(30代/女性/自由業・フリーランス)
・海外の彼氏との付き合いの時に、言葉の壁を感じたことです。日本語にはある、細かいニュアンスの言葉の表現が見当たらず言葉に詰まったりしたことですね。(30代/女性/その他専門職)
・彼氏が間違ったことをしていても、嫌われたくなくて注意できないことがあった。(40代/女性/会社員)
・お金の使い方が自分とは違う気がして、本当に結婚を前提に付き合えるか悩んだ。(30代/女性/学生)

まずありがちな失敗談として、顔がタイプだったとか、イケメンだったという理由だけで付き合ってしまった例。見た目と中身が揃わないと恋も長続きはしないのかもしれない。特に顔が好きだとなかなか別れられずに、彼氏の性格にイライラしたり、彼のギャンブルや浮気性に耐えなくてはならなかったりと苦労することになりかねない。

また好きで付き合って、上手く交際が進んでいたのに、実は相手が既婚者だったという例もあった。最初の段階ではっきりさせていないと後からとんでもない間違いに気が付くことになる。その他にも彼氏が外国人だったという人もいた。たしかに、コミュニケーションが上手くいかなければ別れてしまうのは仕方のないことかもしれない。相手の性格や価値観など、長く一緒にいる上で欠かせない要素をしっかりと見極めて交際をスタートさせたいものだ。

女性100名を対象にしてアンケート調査したところ、多くの方が若い頃に盲目の恋を経験していることが判明した。若さに任せて勢いで付き合った結果、今では考えられないと感じている人もいるようだ。もちろんすべてが失敗している訳ではなく、中にはしっかりと結ばれたカップルもいるだろう、別れてしまっても楽しい思い出として残っていることもあるだろう。しかしながら、アンケートからもわかる通り若さゆえの経験不足や知識不足が苦い経験に繋がってしまうことは大いにあり得ること。人の好みや価値観は年齢を重ねるにつれて変わるもの。勢いだけで突き進むのではなく、一度立ち止まって冷静に考えることも大切だ。

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:20〜49歳の独身女性
調査期間:2016年12月
有効回答数:100サンプル

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ