人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.12

仕事中におやつを食べたくなる男性はなんと7割超!おじさんが好むスイーツの傾向

01

 最近では“スイーツ男子”の増加に伴い、男性向けのスイーツが盛り上がっている。それもあって、店頭でもずいぶん買いやすくなってきた。しかし、若い10~20代男性と比べ、40代以降の男性になると、店頭でスイーツを手に取りにくいという人もまだ多い。では、男性向けスイーツの中でも、特に年齢が上のほうの世代にはどんな商品があるのか。さらに、最近の40歳以上の男性が好むスイーツの傾向や嗜好性について日本スイーツ協会に話を聞いた。

■おじさんもスイーツを好む時代?

02

 一昔前は、スイーツといえば女性のためのもので、男性、特に「壮年男性」には縁遠い存在だった。しかし、近年「スイーツ男子」と呼ばれる、甘党の男性たちが増え、コンビニ業界では男性向けのスイーツが大ヒットするなど、話題を集めているいる。もはや「男性×スイーツ」は当たり前の世界になったのだ。

 明治が2015年に行なった、20~50代の仕事をしている社会人男性へのアンケート調査によると、「仕事中にコンビニスイーツ」を食べたくなる人は75.7%と7割を超えている。20代は92.6%にも上り、とほとんどが感じていることが分かる。もはやコンビニスイーツは男性ビジネスパーソンにとって、「仕事のお供」的存在になっているようだ。

 また、インターワイヤードのネットリサーチDIMS DRIVEが、2013年5月に実施したコンビニスイーツに関するアンケート調査結果によると、「コンビニスイーツを利用したことがある」と答えた男性は、20~60代以上、どの年代層でも50~60%前後にも上った。40~60代以上に絞ると、「よくある」と答えた人は10%前後、「たまにある」は40%前後と比較的多い結果となった。このことから、いわゆる「おじさん」世代も、当たり前のようにスイーツを所望していることがわかるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ