人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あの頃これが欲しかった!ラジオとテレビとカセットレコーダーが一体化した「ラテカセ」

2018.02.12

あの頃これが欲しかった!ラジオ・テレビ・カセットレコーダー一体型オーディオ「ラテカセ」の巻

【ラジオとテレビとカセットレコーダーが一体化したラテカセ】インターネットがまだ無かった1970~80年代。

家庭の娯楽の中心は、「ラジオ」、そして「テレビ」でした。

当初はとても大きなサイズだったこれらの機器も、時代が進むにつれ、小型軽量化が図られるようになってきて、ポータブルで持ち歩く事も不可能ではなくなりました。

そして音声の録音再生が可能な、「テープレコーダー」。

出始めの頃は、「オープンリール」方式で巨大なサイズだった「テープレコーダー」も、「リール」と「テープ」を「カセット」に封入して小型化した規格「カセットテープレコーダー」が大ヒットした為、一般家庭に一気に普及する事となりました。

ある程度、本体の小型化に成功すると、複数の機能を一体化した機器が作られるようになるのは世の流れ。

「テープレコーダー」に「ラジオ」を内蔵した、通称「ラジカセ」が開発されて、これまた爆発的なヒットを飛ばします。こうなるともう一体型の流れは止められません。ついに、とんでもないものまで一体化されてしまったのです。

それが「ラテカセ」…「ラジオ・テレビ・カセットレコーダー・一体型オーディオ」なのです!

あの頃これが欲しかった!ラジオ・テレビ・カセットレコーダー一体型オーディオ「ラテカセ」の巻
https://www.sony.co.jp/Fun/design/history/product/1970/fx-300.html

「ラテカセ」を知る人が、真っ先に思い浮かぶ機種が、このSONYの「ジャッカル(jackal)FX-300」でしょう。

縦型の筐体の正面中央に、3インチのモノクロ・ブラウン管テレビを内蔵。

ラジオの操作パネルはその下部に配置、テープレコーダーは録音・再生レバーのレイアウトから逆算されて、本体トップに配置されています。

カラーリングはダークメタリック。接合部分はビス止め加工されていて、いかにもメカメカチックで頑丈そう。価格は当時の値段で約6万円。今の物価だとだいたい倍くらいの感覚になるそうです。結構高額ですよね。しかし、旅行や行楽、アウトドアなど、どこへでも持っていけるという事で、これまた大ヒットしたようです。

ちなみに当時子どもだった人たちは、「勉強の為にラジオを聞いて、内蔵のテレビで教育テレビ(現:Eテレ)を見て、テープは英語の発音の練習に使うんだ!」と強引に言い張って親に買ってもらったはいいけれど、実際には深夜ラジオやオトナ向けTV番組をこっそり枕元で楽しんでいただけ、みたいな人も多かったみたいですね。

あの頃これが欲しかった!ラジオ・テレビ・カセットレコーダー一体型オーディオ「ラテカセ」の巻

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。