人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.02

4Kコンテンツを細部まで際立たせた映画鑑賞が楽しめるBenQの家庭用DLPプロジェクター『HT2550』

ベンキュージャパン(以下BenQ)は、ホームシアタープロジェクターの新製品として、4K UHD HDR対応モデルの『HT2550』を2月12日より発売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約19万8000円。

HT2550

『HT2550』は各フレーム830万画素、3840×2160という高解像度の4K UHDを実現すると同時に、革新的な0.47インチのシングルDMD DLP技術の採用でプロジェクターを小型化。現代の生活様式に合ったスマートかつコンパクトな形状デザインを採用した。1080pフルHDと比較して4倍の解像度を誇る4K UHD画質でピクセル間のぼやけが低減されるため、細部まで明瞭で鮮明な映像を楽しめる。

また『HT2550』はシングルDMD DLP技術を採用することで、複数パネルにともなうアライメント関連の問題を排除。これにより映像の完全性と色精度が確保され、ぼやけや影、干渉縞などのアーチファクトを発生させることなく、鮮明でキレのある映像と正確な色を再現。一点の曇りもないクリアな映像を再生していく。

そして最高品質のレンズが採用されたBenQの4K光学システムでは、優れた光透過性が確保され、実物のようにリアルな映像を再現。独自の低分散レンズコーティングによって色収差を最小化する。同時に『HT2550』はBenQ独自のイメージ最適化技術およびHDR演色を備え、HDR10に対応。そのHDR性能により、より優れた輝度、コントラスト幅、画像最適化を同時に実現することで、4K映像コンテンツを細部まで際立たせ、より上質なシネマ鑑賞が体験できる。

精緻な画質にふさわしい高度な色彩表現を可能とするCinematicColor技術により、Rec.709 HDTV規格対応の色精度、RGBRGBカラーホイール技術、そして高いネイティブANSIコントラスト比を実現。細部までくっきりとシャープな驚きの画質を、自宅のホームシアターで再現することが可能になった。

HT2550

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ