小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

八丁堀で見つけた今季最高レベルの激安立ち呑み『R』

2018.04.03

『意外な伏兵の仕事と八丁堀の空気からの妄想』

 今まで読んでて、刺身なのにカマボコと辛子明太子が入ってるってのがなんか解せない! って思った方をいると思う。実はオレも最初はそう思った。

 でもこの2種がまたよかった。マグロと〆鯖とサーモンっていったらどちらかというと、脂っこいじゃない? ましてこの升盛は量もあるから、ヘタすると途中で飽きかねない。ところが、その箸休め的にカマボコと辛子明太子がイイ仕事してくれるんですよ。

 酒を呑んで口中を洗うだけでは済まない清涼感をこの2種の魚介加工品が生み出してる!

 で、こうなってくるとやっばり日本酒行きたくなるワケ。でも最初にホッピーセット頼んじゃったからさ、すぐに日本酒に切り換えられないワケよ。でもさ、この升盛を3分の一も食べないうちにホッピーは三杯目も呑み終わった。だいたいオレはホッピー外1瓶で4杯のホッピーを呑むんで、まだこの時点ではホッピー外液は一杯残ってるんだけど、コイツは焼酎で割らないでチェイサー代わりに呑むことにして、お燗酒一合480円をオーダー。

 ハッキリいう。呑んでる人間業界で今のオレ最高にイイ気分!

 それにしても八丁堀という場所がいいじゃない? 江戸時代は同心組屋敷があったとこですよ。なんて話をしてたらトントン先生が、

「鬼平犯科帳ね。オレはマンガでしか読まないんだけど、同心が張り込みとかしる時って、必ず“煮しめ”で一杯やってるんだよね。となると、気になるのがこの『日替わり煮しめ/280円』じゃないのお? いってみない?」

 鬼平犯科帳となったらオレの最得意分野ですよ。池波正太郎先生は多分全部の作品読んでるし、さいとうたかを先生の劇画版も全部読んでますよ! 火盗改めの同心は町奉行の同心と違って、小説によると、組屋敷が今の竹橋と九段の間あたりの清水御門にあった関係で、四谷あたりに屋敷というか長屋があったと思うんだけど、そんな理屈はどうでもいい! 

 たしかに八丁堀で煮しめで一杯やってみたい!! ってことでオーダーしたらこれが、ぜんまいと椎茸、筍、コンニャクが江戸っぽい濃い口で煮たヤツ。

「むぅたまらんのぉ〜」

 おもわず気分は中村吉右衛門である! そんな気分にさせる。このクラスの値段付けの立ち呑み屋は他にもある。だけのこの価格でこのレベルの料理出す店は、ちょっと見当たらない! いや〜まいった! 人間とは不思議なものと鬼平はいったけど、こんな店出てきたら、不思議でもなんでもなく、また行っちゃうなぁ…。

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。