人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題のOppoが発売したスマホ『R11s』は美容整形ができるスマホだった!

2018.04.09

■若者の企業

 Oppoは「若者の手による企業」というイメージが、筆者の頭の中にある。

 代表取締役社長の鄧宇辰氏によると、Oppoの社員は概ね30歳前後の人材で構成されているとのこと。また、ある中国人社員は「40代以上の人は数えるほどしかいない」と筆者に語った。Oppoインドネシア法人の執行役員の顔ぶれを雑誌で見たことがあるが、明らかに筆者よりも若いであろう平均年齢のメンバーで構成されていた。

 そもそも、インドネシアという国自体の国民平均年齢が30歳に届いていない。そしてこれは、ASEAN諸国全体に言えることだ。高齢化が進んでいると言われるタイですらも、その国民平均年齢はまだ30代半ばである。

 アジア諸国におけるOppoの躍進は、「若者たちにリーチできた」という点に尽きるだろう。

 それを鑑みると、高性能のカメラと優れた画像加工機能はやはり欠かせないものだ。さらにインドネシアやタイを始めとするASEAN諸国の国民は、自撮りが大好きである。有名人ならば必ずと言っていいほどInstagramのアカウントを持っているし、そうでない人も常時バッグの中に自撮り棒を忍ばせていたりする。そのあたりの感覚はアメリカナイズされている、と表現するべきか。

 先述のビューティーモードは、ただのビックリ機能というわけではない。現地の若者の心を掴むためには必要不可欠のパーツとも言える。

■絶妙な参入タイミングか

 R11sは2月9日に正式発売される。当初はビッグカメラ、ヨドバシカメラでの店頭販売という形で市場に切り込むという。

 R11sには強力なライバルも存在するが、じつは今この時が日本でのシェアを拡大するチャンスかもしれない。「SIMフリースマホ」という言葉が一般の間でも浸透するようになった上、iPhoneは近頃失速気味である。Appleが大きな期待を込めて送り出したiPhoneⅩは、世界的に見てもその売上が不調という報道も見かけるほどだ。

 そうした視点で見れば、Oppoは極めて良いタイミングで日本参入を果たしたとも言える。

取材・文/澤田真一

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。