人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.05

何を見ているかで相手の心理がまるわかり!?驚異のアイトラッキング研究最前線

 視界の中のどこに注目しているのかが簡単にわかるアイトラッキング技術を活用した最新の研究が相次いで報告されている。

■気持ち悪がっている表情が気になる人は政治的保守!?

 テクノロジーの進歩で各種の科学的実験がより容易に、より低コストで行なうことが可能になっている。脳活動の動きをリアルタイムでモニターできるfMRI(磁気共鳴機能画像法)と並んで、近年めざましい発達を遂げているのが視界の中でどこを注視しているのかが簡単に分かるアイトラッキング技術である。この技術を用いて個人の視線の動きをリアルタイムで把握することができるのだ。

 ではこのアイトラッキング技術を駆使してどんなことがわかるのか。最新の研究では、なんとアイトラッキング技術でその個人の政治的な態度が浮き彫りになるというから興味深い。

 アメリカ・テキサス大学保健科学センターとウエストバージニア大学の合同研究チームが先日、学術ジャーナル「Behavioural Brain Research」で発表した研究では、261人の大学生に各種のネガティブな光景の画像を見せてその視線の動きを追った実験を報告している。


PsyPost」より

 実験参加者はあらかじめ政治的に保守かリベラルかの立場を明らかにしていたのだが、興味深いことに政治的保守の参加者は他者の嫌悪感をあらわす表情により注意を払っていることが判明したのだ。

「嫌悪感に関連する視覚情報が政治的保守主義と強く結びついていることが今回の研究でわかりました。これは嫌悪感の感じ方がイデオロギーの形成にとって重要である可能性を示しています」と研究を主導したテキサス大学保健科学センターのベンジャミン・オースターホフ氏は「PsyPost」に語っている。

 しかしどうして政治的に保守の人々は他人の嫌悪感を表した表情に敏感なのか? 研究チームの説明によれば、その表情はまさに「汚いものを見ている顔」であり、病人や腐っている食べ物などを避ける本能的なメカニズムに起因しているのではないかと説明している。

 では政治的にリベラルなら腐った食べ物にあまり抵抗感はないのかという話にはなるが、もちろん誰しも自ら勧んでお腹を壊したくはないだろう。しかしながらいろんな物を食べてみようというある種の“冒険心”が少しばかり強いのがリベラルということになるのかもしれない。はたしてあなたはほかの人が「気持ち悪っ!」となっている時の表情が気になるだろうか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ