人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.09

361gの小型ボディーに新開発2424万画素センサーを搭載した富士フイルムのミラーレス『X-A5』

富士フイルムは独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現する「Xシリーズ」に新たにミラーレスデジタルカメラ『FUJIFILM X-A5』(以下、『X-A5』)をラインアップ。カメラ本体に新開発の小型軽量な交換レンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」(以下、「XC15-45mmF3.5-5.6」)をセットにしたレンズキットは2月15日、カメラ本体のみは2月22日の発売が予定されている。カラーバリエーションはシルバー、ブラウン、ピンク。

  レンズキット
「FUJIFILM X-A5/XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」(シルバー)

価格はいずれもオープン価格。予想実勢価格はレンズキットが約7万5000円、本体は約6万円。

その特徴として、まず361gの小型軽量ボディに、像面位相差AFに対応した新開発2424万画素センサーと、処理速度が1.5倍に向上した画像処理エンジンを搭載。人間の記憶に残る鮮やかな色、いわゆる「記憶色」を実現する色再現技術との組み合わせで手軽に高画質な写真を楽しめる。
オート撮影時のシーン認識精度や定評ある「肌色再現」も進化し、被写体の約5割を占める人物関連の撮影で威力を発揮。さらに、AF速度を2倍に高速化した「インテリジェントハイブリッドAF」により、さまざまなシーンをより素早く、美しく、確実に撮影できる。
また、ISO感度の常用領域を12800まで拡大し、暗いシーンや動きの速い被写体の撮影にも最適だ。

小型軽量なキットレンズ「XC15-45mmF3.5-5.6」(135g)との組み合わせで、さらに快適な撮影を実現。レンズ先端から5cmまでの接写ができるため、料理や小物を強調した撮影も手軽に行なえる。また、レンズ初搭載の電動ズーム機能により、広角23mm(35mm判換算)からの滑らかな駆動を実現。静止画のみならず動画撮影時にも、滑らかなズーム感が得られる。

さらに、大型背面液晶モニターを180度回転させることで、背面のコマンドダイヤルがズームボタンとシャッターボタンに自動切替。これらのボタンでズームを操作して、シャッターを切ることができるため、「自分撮り」がより簡単に行なえるようになった。瞳を自動検出しピントを合わせる「瞳AF」や、進化した「美肌モード」により、高品位なセルフポートレートも撮影できる。
また、省電力設計により、一度の充電でクラス最高となる450枚の標準撮影枚数を実現。旅行などで使用する時でもバッテリーを心配することなく撮影に集中できる。

新搭載Bluetooth low energy技術により、スマートフォン・タブレット端末向けアプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」(無料)を介して、事前にペアリング登録した端末に、撮影した画像や動画を簡単・即時に自動転送。その場でInstagramなどのSNSにお気に入りの写真をアップするなど、撮影の楽しみが格段に広がる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ