人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.10

恐竜がモチーフの調光レンズサングラス『24hグラス』は本当に24時間使えるか?


福井県眼鏡協会公認めがね大使のCutie Pai・まゆちゃん

『メガネベストコンテスト2016』や『日本メガネ大賞2018』を受賞し、一躍有名になった、眼鏡ブランドの『design88』(デザインハッパ)。

このブランドを展開するスギモトデザインスタジオ(福井県坂井市)が、春に発売を予定しているのが『24hグラス』である。

このサングラスのラインナップは、調光レンズを採用した『ティラノチェンジ』と、「ティラノブラック」(黒)または「ティラノブルー」(濃青)のサングラスの3種。小売価格は『ティラノチェンジ』が税込み2万5920円、「ティラノブラック・ブルー」が各税込み2万1600円となっている。


『24hグラス』のラインナップ

■福井県の「名物」といえる恐竜をモチーフにデザイン

一目見て驚かされるのが、そのデザインだ。

左目の上部だけに突起があって左右非対称になっている上に、両目の下部にも突起がついている。これは、化石が多数発掘され、福井県の「名物」となっている恐竜をモチーフにしたもの。上部の2つ連続した突起は恐竜の背びれ、下部の両突起は恐竜の牙だそうで、かなり攻めているデザインだが、嫌味になるほど主張はしてはいない。

恐竜モチーフだけでなく、曲面形状も普通のサングラスとはどことなく違っている。これは、日本人の骨格にフィットするよう設計された「4カーブレンズ」を採用しているためで、側面の隙間が少なくでき、横からの紫外線入射を防いでくれる仕様。ちなみにレンズの素材は、米陸軍の防弾プロテクターにも使われているNXTというもので、ちょっとやそっとの衝撃では、割れたり歪んだりしない優れもの。生産は、国産メガネの9割以上を生産する「メガネの聖地」、福井県鯖江市の工房で行う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ