人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本酒との相性抜群!サバの稚魚を釜揚げして干した「サバ子」のちりめんじゃこ

2018.03.27

 寒い冬が終われば「しらす」の季節がやってくる。そう、あの小さくて白いやつ。もちろんしらすが魚の名前じゃない。元は稚魚全体を指していたというが、口にする機会が多いのはイワシ。春先ならマイワシ、その後ウルメイワシ、秋ならカタクチイワシが美味しいともいわれている。

■乾燥で味も食感も用途も変わる

 食べる方にしたら、あまりに小さいのでこれがマイワシ、こっちがカタクチなんて気にしないし、中にイカやカニの子どもが入っていると、ちょっと嬉しくなったりするのもお約束。

 それより加工(仕上がり)にこだわる人のほうが多いはず。取れた順に紹介すると、次のようになる。

●生

文字通り、そのまんま。ドロメという呼び名もある。足が早いので産地で食べるのが基本。

●釜揚げ


生を素早く(塩)茹であげたもの。「釜揚げしらす」と呼ぶ地域も多い。

●しらす干し


上記の釜揚げを軽く干したもの。

●ちりめんじゃこ


ちりめんをさらに干したもの。保存が効く。
*呼び方は地方により大きく異なる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。