人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.09

頻繁にメッセージを交換するカップルは破局に向かいやすい!?

 カップル間でいわゆる“シモネタ”が気軽にやりとりできるのなら、かなりの仲ということになるだろう。そして今はこうした“シモネタ”もSNSやLINEで実に簡単にやり取りできる便利な世の中になっているのだが……。

■頻繁にメッセージのやり取りをするカップルは関係が不安定に

 オンラインでやり取りする性的なメッセージや画像のことを、英語圏で「セクスティング」と呼ぶようになって久しいのだが、これまでの研究ではセクスティングのやり取りが性行為の満足に繋がることが報告されている。しかし今日のあまりにも整い過ぎているオンラインコミュニケーション環境を利用して頻繁にセクスティングをやり取りすることで、2人の関係はより危ういものになっていることが最新の研究で報告されている。

 カナダ・アルバータ大学のアダム・ガロバン博士をはじめとする国際的な合同研究チームが先ごろ、学術ジャーナル「Computers in Human Behavior」で発表した研究では、頻繁にセクスティングをやりとりするカップルは関係が不安定で浮気しやすい傾向があるという意外な研究結果を報告している。


Daily Mail」より

 研究チームは現在パートナーがいるアメリカ人とカナダ人615人を4つのカテゴリーに分類してカップルの満足度を分析する調査を行なった。その4つとはセクスティングをしないグループ、文字だけのセクスティングをたまに行なうグループ、わりとセクスティングを行なう(週に3、4回)グループ、かなり頻繁にセクスティングを行なう(1日1回以上)グループである。

 4つのグループのパートナー関係を分析して比較したところ、性行為の満足度はやはり頻繁にセクスティングを行なうグループが最も高かった。しかしながらこのグループは同時にパートナー関係において最も安定性を欠いていることも判明したのだ。また頻繁にセクスティングを行なうグループは、オンライン上のポルノコンテンツを良く見ていることも判明した。出会い系サイトの情報にもよく目を通していることから、浮気をする可能性も高まることもわかった。

 この傾向はセクスティングに限らない可能性も浮上してきている。つまり頻繁なメッセージのやり取りが習慣づくことで、相手からの素早い応答への期待値がどんどん高まっているのである。そして2人の関係が不安に感じるからこそ、さらに頻繁にメッセージのやり取りをするという悪循環に陥ってしまうのだ。

「これは今の社会にある、インスタントに欲望を充足するカルチャーを反映しています。ひとまずスマホを置いて、既成事実となる体の関係をすぐに結ぶのではなく、昔ながらの会話をしてゆっくりと関係を育む時間を過ごす必要があります」(アダム・ガロバン博士)

 SNS全盛の時代を迎えているからこそ、よく理解しておきたい話題ということになりそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ