人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.08

子連れ出勤はありか?導入企業の事例に学ぶ解決策


業務中の子連れ出勤社員(有限会社モーハウス)

子連れ出勤を導入する企業のニュースをよく目にするようになった。しかし、子連れ出勤は業務への影響から課題は多く、賛否両論あるようだ。そこで、子連れ出勤を実施している先進企業に、子連れ出勤で生まれる課題をどのように解決しているのか聞いてみた。

■子連れ出勤の主な課題

子連れ出勤は、待機児童を持つ社員にとって大きな助けになるといわれる。しかし課題は多く、一般的にはそれほど積極的には導入されていないのが現状のようだ。

子連れ出勤には次のような課題があるといわれる。

・子どもの行動が業務の妨げになるのではないか
・子どもの世話は誰が行うのか(親自身・他社員・ベビーシッターなど)
・子どもの世話をする時間は業務外であるため、給与はどうするか

■「子連れ出勤」導入企業の課題解決策~有限会社モーハウス


子連れ会議(有限会社モーハウス)

実際、子連れ出勤を導入している企業では、子連れ出勤の懸念点をどのように解決しているのか。

授乳服を手掛ける有限会社モーハウスは、創業以来、子連れ出勤を続けている会社の一つ。会社の代表者がNPO子連れスタイル推進協会を発足しており、モーハウス社内の子連れ出勤の見学会を定期的に開催して、子連れ出勤の啓蒙活動にも力を入れている。

そこで、業務の妨げになる可能性、給与面などの子連れ出勤の課題に対して、どのような対応をしているのか担当者に聞いてみた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ