人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

健康なら景品がもらえる!?「健康インセンティブ」はアイデアが命

2018.02.08

■北海道長沼町

 健康インセンティブの基本的な考え方「ポイントを貯める」とは逆の発想を取り入れた「長沼町健康ポイントカード」を実施している。

 小学生以上の町民に対し発行するもので、カードには発行された時点で7000ポイント(65歳以上は1万4000ポイント)が入っているのが特長だ。*1ポイントは1円の価値。

 これを持参すれば、ながぬま温泉、パークゴルフ場、保健福祉センター(プールやフィットネスジム)などの施設利用料1回分がポイントから引き落とされる。

 つまり、最初から利用券を配布し、どんどん無料で使ってもらい、継続してもらう癖をつけてもらうことで健康増進を狙っている。

 ちなみに、長沼町の健康インセンティブは、前述の町営温泉施設「ながぬま温泉」(1987年オープン)を利用した健康づくり推進事業として、1990年から小学生以上の町民に対し、利用助成券6回分(65歳以上は12回分)を配り始めたのがキッカケだった。

 以後、利用方法を変えつつ、現在のポイントカードに移行してきた。このやり方が成功している理由は、町の健診受診率が高く(2014年度で53.7%)、意欲ある保健行政が継続して行われてきたからにほかならない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。