人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お値段599万円のVWのスポーツセダン『アルテオン R-Line 4MOTION』は高いか、安いか?

2018.02.08

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 何か既存の車種のモデルチェンジではなく、フォルクスワーゲンからまったく新たに登場したクルマ『アルテオン』。ご覧の通り、大柄の5ドアセダンである。オーソドックスな4ドアセダンでもなく、背の高いSUVでもない。大きなテールゲートは荷物を出し入れするのに便利だから、スポーツやアクティビティに向いている。

 

 かといって、SUVほどの悪路走破性は必要ないし、背の高さは要らなかったりする人にも向いている。ニッチなクルマである。とは言っても、BMWの『3シリーズGT』『5シリーズGT』やアウディ『A5』『A7』などのライバルがひしめくカテゴリーでもある。数は少なくても、確実にユーザーが存在するカテゴリーというわけである。

■機械として優れているか? ★★★★(★5つが最高点)

 フォルクスワーゲン自身のラインアップには、似たような大きさで、大きな荷物積載量を持つ『パサート バリアント』(ステーションワゴン)がすでに存在しているのだから、『アルテオン』のセールスポイントはスタイリングと4輪駆動のパフォーマンスだろう。『アルテオン』を走らせると、速く、骨太でしっかりとしている。『ゴルフ』や『パサート』に代表される、フォルクスワーゲン流の走りっぷりだ。走行条件で様々に変化する中、長距離を走っても音を上げないタフネスを感じる。

 搭載されているガソリンエンジンは2.0Lから280馬力を発生し、7速AT(ツインクラッチタイプ)を介して、4輪を駆動する。BMWやアウディなどのライバルたちに較べると、乗り心地やハンドリングなどにやや大味なところがあるが、決定的な弱点にはなっていない。トランクルームは外観から想像できるよりもはるかに深く、広いのでたくさんの荷物を収めることができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。