人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.08

今でも東京のシンボル!3月3日、東京タワーに「トップデッキ」がオープン

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

 3月3日に東京タワー(333メートル)の250メートルに位置する「特別展望台」が「トップデッキ」として新たに生まれ変わる。「特別展望台」は、2016年10月よりリニューアルが開始され、2年4か月のリニューアル期間を経て、これまでと大きく変わる。新たに新アトラクション「トップデッキツアー」をスタートさせ、完全予約制の体験型の展望ツアーとなるのだ。


2年4か月のリニューアル期間を経て、3月3日に地上250メートルの展望台「トップデッキ」が再オープンする


トップデッキの模型(イメージ)

 これまでは景色を楽しむだけであった特別展望台だったが、リニューアルによってツアー形式で東京や東京タワーの過去・未来・現在を感じることができる「体験型展望ツアー」として、アテンダント(15名のアテンダントを配置)による接客に加えて、ドリンクサービスや音声ガイドシステムの採用など、エンターテイメントの要素も取り入れた「トップデッキツアー」となる。


「体験型展望ツアー」として完全予約制となる

「体験型展望ツアー」は、インターネットで予約した後、予約した集合時間に東京タワー内のフットタウン1階にあるトップデッキレーンが集合場所となる。予約制にしたことで、待ち時間なくスムーズにトップデッキ(旧特別展望台)に入ることができるようになる。新たに日本語および海外13言語に対応するスマートフォン型の音声ガイドシステムでの自動音声に対応し、音声ガイドシステムと共にツアーを楽しめるようになっている。

 トップデッキレーンから入場した後、最初のエレベーターでまずは150メートルの位置にあるメインデッキ(現在の大展望台)まで上がる。その後、メインデッキから専用エレベーター(トップデッキエレベーター)でトップデッキへ上がることになる。トップデッキへのエレベーターで上がる前に新エリア「タワーギャラリー」が新設され、東京タワーの建設風景や東京の名所、新旧の姿などを紹介している。また、現時点では公表されていない、シークレットライブラリーも開設される。


タワーギャラリーでは東京タワーの建設風景など東京の歴史を知ることができる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ