人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.08

まさに新感覚!発売40周年を迎えるロングセラー商品『スライム』の新商品

 1976年に米国で生まれ、その2年後に日本に上陸した『スライム』。黄緑色で粘性があり、なぜか病みつきになる不思議な感触が子供に受け、約250万個も売れるという、大ヒット商品となった。その後も地道に売れ続けて、これまでの累計出荷数は約1500万個。ゲームを除く玩具のジャンルでは、文句なしのロングセラー商品の1つである。


2016年12月にボトルがリニューアルされた『スライム』

 その『スライム』だが、国内販売40周年を迎える2018年3月を前に、新たなラインナップとなる『スライムスクイーズ』シリーズがお目見えした。これは昨年の「39(サンキュー)周年」にあたり、ボトルのリニューアルや新色の『スライムカラーズ』の登場に続いての大きな展開となる。

『スライムスクイーズ』シリーズは、元祖の黄緑色を踏襲したベーシックな『スライムスクイーズ』、ラメでキラキラ光る『スライムスクイーズ ギャラクシー』、体温で色が変わる『スライムスクイーズ カラーチェンジ』、蓄光素材を含有して暗闇で発光する『スライムスクイーズ グローインザダーク』の4種からなる(いずれも980円+税)。


色は元祖とほぼ同じ『スライムスクイーズ』


銀色ラメが光る『スライムスクイーズ ギャラクシー』


色がオレンジ色から黄色に変化する『スライムスクイーズ カラーチェンジ』


暗闇であやしく光る『スライムスクイーズ グローインザダーク』

 これら4商品に共通するのは、通常の『スライム』よりも硬度・弾力性を増しており、伸びるだけでなく、ちぎったり、丸めて床にぶつけると跳ねるなど、新機軸の要素が加わっているという点。

 実際にどのようなものか、筆者が確かめてみた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ