人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.08

いい関係でいるためにその都度チューニング!共働き夫婦の家事シェアのコツ

トーマス・クラウセンさん・麻記子さん ご夫妻

麻記子さんが読書を楽しむ間に、トーマスさんは掃除。男性が進んで家事をするデンマークではごく自然な光景だという。

【 Case 4 】トーマス・クラウセンさん・麻記子さん ご夫妻

〈 Family 〉 2(夫、妻)
〈 Job 〉夫:会計ソフトのコンサルタント 妻:シンクタンク研究員
〈 Share 〉明確な担当はないが、洗濯は衣装持ちな妻、トイレと床掃除、ゴミ捨ては夫。

トーマス・クラウセンさん・麻記子さん ご夫妻 タイムスケジュール

 日本では夫の家事の分担率は2割程度。一方、デンマークなど北欧の国々は、およそ4割を男性が担っている(※)。これは世界トップレベルの数値だ。

 そんな家事シェア先進国デンマークで生まれ育ったトーマスさんと、デンマークで暮らした経験もある妻の麻記子さん。

 ふたりの間に〝家事をシェアする〟という感覚はない。ただシンプルに、得意な人や時間的に可能なほうがすればよい、という考えだ。

 この感覚は、育つ環境で養われるのかもしれない。例えば、デンマークでは18歳になると家を出て、学生寮に入るのが一般的だ。キッチンやトイレは共同。いろんな生活スタイルや性格の人がいるから、月に1度は住人でミーティングをする。

「キッチンの使い方、掃除はどこまできれいにするかなど、みんなで話し合って細かくチューニングしていくんです」(トーマスさん)

出典:国際社会調査プログラム(ISSP) 「Family and Changing Gender RolesⅣ 2012」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ