人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.06

新社長・髙橋誠氏就任でKDDIはどう変わる?

 KDDIが、2018年3月期 第3四半期決算会見の後、4月1日付役員の異動を発表しました。現在、代表取締役 執行役員副社長の髙橋 誠氏が代表取締役 社長に就任します。髙橋氏といえば、auの新サービス導入に長く携わってきた人物。ただ、目の付け所はいいものの、後から参入したドコモに追い抜かれるという残念なサービスも多く、『@DIME』の「スマホ会議」でも識者がたびたび指摘してきました。髙橋氏のこれからの舵取りに注目が集まります。


4月からKDDIの新社長に就任する髙橋 誠氏

 髙橋氏は、1961年10月24日生まれの56歳。1984年、横浜国立大学 工学部金属工学科を卒業後、「大企業の歯車になりなくない」という思いから、当時ベンチャーだった京セラに入社。同年、第二電電(KDDIの前身)に入社して携帯電話事業の立ち上げに関わります。

 2001年には、au商品企画本部モバイルインターネットビジネス部長、2003年にはソリューション事業本部コンテンツ本部長 兼 コンテンツ企画部長に就任。着うたが大人気だった音楽配信サービスの「LISMO」やEZwebのコンテンツサービスなど、au携帯電話のコンテンツやサービス関連事業を統括しました。


2006年にサービスを開始した音楽配信サービス「LISMO」。

 KDDIの新モデルやサービスの発表会でもしばしば登壇。当時、ドコモの「iモードの父」として知られる夏野 剛氏と携わる分野が近かったこと、どちらも発表会のプレゼンテーションで注目されたことなどから、メディアの間で比較されたりもしました。

 2011年 4月には代表取締役執行役員専務 新規事業統括本部長となり、auの新規事業の立ち上げ、導入に携わってきました。毎月、定額料金を払ってスマホで多くのアプリが使い放題になり、クーポンなどのサービスも利用できる「auスマートパス」を導入しキャリアのスマホ向けサービス提供のスタイルを確立。「ビデオパス」や「うたパス」、物販の「au WALLET Market」など多くの新サービスを立ち上げました。また、ベンチャーやスタートアップ企業と連携し、新しいサービスを生み出す「KDDI ∞ Labo」のアドバイザーでもあります。


プレイベイドから始まったau WALLET。現在はクレジットカードサービスも提供。



スタートアップを支援するKDDI ∞ Labo。


 2016年 6月には代表取締役執行役員副社長に就任。2017年4月には全社新事業担当となって、最近ではあまり発表会などの表舞台には登場しなくなっていました。そして、今回の発表となったわけです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ