人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高速連写とAF機能が進化!扱いやすくてコスパの高いミラーレス一眼4選

2018.02.06

■5軸手ブレ補正で24時間、三脚&ストロボ不要
 オリンパス『OM-D E-M1 Mark Ⅱ』+
 『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』24-80mm(35mm換算)

 合計実勢価格約28万円(ボディー約20万3000円+レンズ約7万7000円)

オリンパス

高精度121点クロスタイプAFエリア。AF固定で秒60コマ、同追従で秒18コマ連写

 2008年、オリンパスとパナソニックは新たなミラーレスの規格マイクロフォーサーズを提唱。あえて小さなマウントとセンサーを採用し、カメラと交換レンズの小型軽量化を実現した。さらに高画質と防塵・防滴性能を追求。『E-M1 Mark Ⅱ』は3年ぶりにモデルチェンジしたハイエンドモデルで、デザインはいささかレトロだが、内部は最新技術が凝縮され、AF追従で約18コマ/秒に対応。より高精度AFを実現するオールクロス像面位相差センサーを121点に増やした。同社のお家芸であるボディー内5軸手ブレ補正もさらに進化。交換レンズは軽いので3本持っても苦にならない。アウトドア派なら『E-M1 Mark Ⅱ』を持って遠出したくなること間違いなしだ。●SPEC/センサー:4/3型、有効画素数:約2037万画素、常用最高感度:6400、AF測距点:121点、AF追従連写:約18コマ/秒、最高シャッター速度:1/8000秒、電子シャッター1/32000秒。

121点オールクロス位相差センサー搭載でAFは迷わずピタリ!

121点オールクロス位相差センサー搭載でAFは迷わずピタリ!
画面全体の縦75%、横80%をカバーする像面位相差センサーを搭載。被写体を確実に捉える。

世界最大6.5段のボディー内手ブレ補正機能を搭載

世界最大6.5段のボディー内手ブレ補正機能を搭載
新型5軸シンクロ手ブレ補正を搭載。特定レンズとの組み合わせで6.5段分の補正を実現。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。