人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIが相性診断をするマッチングアプリ最新事情

2018.02.05

 ただし、「Omiai」のマッチングの仕組みはシンプルで、自分がいいと思う女性に「いいね」を押し、また、相手から「いいね」が付くとメッセージが送れるようになる。さらに右写真のように趣味などのキーワードで異性を探せるようにもなるのだ。

 写真だけを見てプロフィールが閲覧された「足あと」の履歴も便利だ。これはよく言えば、見た目と年齢で相手から関心を持ってもらえた、という証左でもある。このように様々な視点で相手を探せるのは便利だ。

◎40代バツイチ男でも20代の女性と出会える

「本気で婚活をしているユーザーが多いのが、うちのアプリの特徴です。と言いますのも、本当は登録していないイケメンや美女の写真を掲載し、メッセージなどに誘導しておいて商品を売りつけたり、個人情報を知ろうとする“業者”の侵入を徹底的に排除しているからです」

 マッチングアプリをいくつか試してみると「Omiai」には運営側が雇うニセ会員の〝サクラ〟がいないこともわかる。

 では、女性から返信が来るコツを広報の能登さんに聞いた。

「例えば、肝心のメイン写真はスーツを着た目線アリの笑顔などがいいですね。誠実さと人柄がわかります。登録する趣味も、映画、グルメ、カラオケ、カメラなど女性と共通の話題が生まれやすいものをよく考えて自己PRに盛り込むといいと思います」

 そこで実際に試してみたが、女性には1日で数十件の「いいね」やメッセージが寄せられることもあるとあって、なかなかの激戦区である。43歳のライターに「いいね」が返信されることはごくわずかだった。

「マッチ度」以外にも、キーワード検索で「ゴルフ」と自分の趣味を入れてみた。すると居住地や年齢などあらかじめこちらが指定していた条件の女性がズラリ。趣味でつながれるので、こちらはメッセージも送りやすかった。ただし、返信はホイホイ来る訳ではない……。女性側も主に見た目と年齢で判断しているからだろう。

 こうしてスマホに向かって格闘する毎日が続く中、「Omiai」で知り合い結婚したというある夫妻にもお話を伺った。旦那様が話す。

「3年前に出会って交際、結婚となりました。僕はもともと海外で仕事をしていたこともあり、恋人をマッチングアプリで探すことに抵抗はありませんでした。ところが当時の婚活アプリは成熟しておらず登録者数も少なかった。『Omiai』で結構がんばって20人ぐらいの方とやりとりし、妻と出会えました」

「Omiai」は#(ハッシュタグ)で相手を検索できる。
「Omiai」は#(ハッシュタグ)で相手を検索できる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。