人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.05

ママ必読!冷めても美味しいお弁当を作るコツ


(画像はイメージ)

弁当作りにはそれほど時間をかけられない。でも冷めても美味しい弁当をつくりたい。そんなビジネスパーソンのために、弁当作りの達人に、冷めても美味しいおかず作りのポイントを聞いた。

■手作り弁当が美味しくない4つのパターン

朝作った弁当を会社に持って行き、昼休みにフタを開けて食べようとしたところ、時間の経過によって美味しくないと感じることがある。そのパターンとしては、次のことがある。

●肉の脂が固まる

AJINOMOTO PARKのレシピ大百科では、肉は冷めると脂が舌触りや味を悪くすると書かれている。どうやら肉が美味しくなくなる原因は、冷めると「脂」が固まることにあるようだ。同様にバター炒めも、バターが固まり美味しさが落ちる可能性がある。

●ご飯やおかずが水っぽい

あつあつのご飯や調理したてのおかずを弁当に詰めた後、すぐにフタをしめてしまうと、フタの裏側に水滴がついてしまう。それがご飯やおかずにたれると水分を含んで美味しくなくなることがある。

●揚げ物がベチャとしている

弁当に定番の揚げ物といえば鳥のから揚げ。カラッとジューシーなのが命だ。しかし弁当に入れるとベチャっとしてしまうのが難点。

●ご飯が硬い

ご飯を炊くときに水分が少ないと、当然、硬いご飯になる。炊きたてであればそれほど気にならないが、冷めて水分が蒸発すると硬くなり、美味しくないと感じることもある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ