人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.05

ノイキャンも搭載!パナソニックのハイレゾ対応ワイヤレスヘッドホン『RP-HD600N』

パナソニックは広帯域・高解像度再生を実現し、ハイレゾ音源再生にも対応。さらにノイズキャンセリング機能も搭載したワイヤレスタイプのオーバーヘッドホン『RP-HD600N』を2月22日より発売する。価格はオープン価格。
なお、『RP-HD600N』からノイズキャンセリング機能を省いた『RP-HD500B』も同時発売。価格はオープン価格。

RP-HD600N

-K(ブラック)

ステレオヘッドホンは、CDを超えるマスター音源に近い情報量を持つハイレゾ音源と、その再生機器の普及により市場が拡大。パナソニックによれば、特に近年ワイヤレスタイプはスマートフォン及びポータブルタイプの音楽プレーヤーの普及等により、屋外でも高音質な音楽を楽しみたいユーザー層を中心に注目が高まっているという。

そこで『RP-HD600N』では、ワイヤレスでも高音質サウンド再生を実現するため、最新の2つのコーデックLDACおよびQualcomm aptX HDに対応。ワイヤレスでもレスポンスが早く、高い解像感を実現したうえ、ハイレゾ相当の精緻な音を忠実に再現していく。
またHDドライバーに超多層フィルム(MLF)振動板を採用し、不要な残響を残さず、高い応答性と高解像度再生を実現。さらに新制振構造・制振材料のフレームを採用することで、不要なドライバーの振動を低減させ、音場の広がり感を演出する。

そしてノイズキャンセリング機能としては、マイクをハウジングの外側に配置するフィードフォワード方式と、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置するフィードバック方式を採用。2つの方式を組み合わせること、そして独自のキャンセル信号処理回路と合わせて、広帯域なノイズキャンセル性能を実現した。ノイズキャンセルの強度は3種類(強/中/弱)のモードにより、外部の騒音状態に合わせて切り替えが可能。また、電車の車内アナウンス等、周囲の音を聞きたいときに、ヘッドホンを外すことなく周囲の音を聞くことができるボイススルー機能も備える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ