人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.05

美しいボディーに最新のサウンド技術を詰め込んだローランドのデジタルグランドピアノ『GP609』

ローランドは優雅なグランドピアノのキャビネットに音や鍵盤、サウンド・システムなど最新のピアノ技術を搭載したデジタル・グランドピアノ『GP609』を2月下旬より発売を開始する。価格はオープン価格。

デジタル・グランドピアノ『GP609』

『GP609』(黒塗鏡面艶出し塗装仕上げ)

優雅で気品のあるグランドピアノに憧れる人は多い。しかし、一般的にサイズが大きく、250~400kgと重量のあるアコースティック・グランドピアノの場合、スペースの問題や床の補強など、導入が難しい場合もある。これに対して『GP609』は、設置の難しいスペースに収まる奥行150cmの省スペースに加え、移動も容易な148kgの軽量設計で、洗練された空間を演出。また調律が不要でメンテナンスのいらないデジタルならではの利便性を兼ね備えており、自宅はもちろん、ホテルやレストランなどでの活躍が期待できる。

『GP609』では新たに、7つのパワフルなスピーカーを搭載。6.1chマルチチャンネル・スピーカー・システムにより、アコースティック・グランドピアノに迫る音場感を実現した。中規模のクラシック音楽ホールでは、『GP609』1台で存分に表現力を発揮し、迫力のピアノサウンドで会場全体を鳴らすことができるという。

『GP609』は音源、鍵盤、ペダルなどローランド最先端のピアノ技術を搭載。最新の「スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源」は、弾き方によって変化するリアルな倍音の響きや、繊細なタッチに応じた表現力を実現している。また鍵盤は、木材と樹脂センターフレームによるハイブリッド構造の「PHA-50鍵盤」で、アコースティック・ピアノ鍵盤の風合いや演奏感を持ちながら、耐久性も兼ね備えている。
ダンパー・ペダルは、ハーフ・ペダルの複雑な動きなど、上級者の演奏技術にも応える「プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル」を搭載。アコースティック・グランドピアノに近いペダリングを実現するために、ダンパーのかかりはじめや踏み心地まで調整しているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ