人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.03

こんなところも!家庭に持ち込まれたウイルスの要注意感染ポイント

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆家庭に持ち込まれたウイルスがどのように広がるかを可視化

 今年は例年より早くインフルエンザの流行が訪れており、1月19日に国立感染症研究所から発表されたインフルエンザの流行状況は、1月8~14日の推計で約171万人となり、前週の121万人から約50万人増加した。

 インフルエンザの予防対策は「手洗い」「うがい」が基本だが、家の中に持ち込まれたインフルエンザウイルスを放置してしまった場合、どのように家庭内で感染してしまうのか。ジョンソンでは、「芝大門 いまづクリニック」の今津 嘉宏院長監修のもと、「インフルエンザウイルスの家庭内感染経路に関する検証」を実施。

 検証結果をもとに実際にインフルエンザウイルスの家庭内感染経路を体験できるイベント「インフルエンザ ハウス」が開催された。都内のハウススタジオを使い、蛍光塗料をインフルエンザウイルスに見立て、ブラックライトで感染経路を可視化。検証を監修した今津先生による詳しい解説を交えて感染予防対策について学んだ。

 

「昨年9月に都内でインフルエンザの学級閉鎖が起こるなど早い時期から始まっている。例年2月後半から3月に流行るB型のインフルエンザが、今年は12月から流行っている。この2つが今シーズンのインフルエンザの特徴で、冬休み明けに一気に広がっている。A型の特徴は38度以上の高熱が出て関節痛がある。B型は37.5~38度ぐらいの熱で消化器症状、胃のむかつき、胃痛、下痢などノロウイルスに近い症状が出る。中にはA型、B型の両方を1シーズンに罹ってしまう方もいる。

 手洗い、うがいは基本だが、マスクは他人にうつさないというエチケットの意味では有効だがマスクの隙間があるとそこから入り込んでくるので感染予防には弱い。インフルエンザの感染経路は3つ。くしゃみなどのしぶきでうつる飛沫感染、こちらはマスクで予防する。せきをしたときに空気中に漂っているウイルスからうつる空気感染はこまめに換気をする。3つめが今回紹介する直接感染。インフルエンザウイルスは手の脂について感染していくので、人の手が触れる場所にウイルスがある。家具や家電などあちこちについたウイルスが手について口に入ってしまうというものだが、これは手洗いとアルコールでの消毒が有効だ。

 アルミ板にインフルエンザウイルスを塗布して、水を含んだティッシュとアルコールを含んだティッシュで拭く実験を行った。両方ともアルミ板についたインフルエンザウイルスは100%取ることができたが、取ったあとのティッシュペーパーを調べると水の方は100%ウイルスが残っていたが、アルコールは99・99%ウイルスがなくなっていた。

 経路のひとつにダイニングテーブルがあるが、水拭きでテーブルを拭くとウイルスを広げる結果になり、やっている行為は正しいが結果が伴わない。これをアルコールに替えると、アルコールに触れたウイルスは瞬間的に死ぬので99.99%除去できる。アルコールで拭くという発想を台所、トイレなど家庭のいろいろなところで応用すれば、生活の中で感染症を防ぐことができる。スマートフォンなどもアルコール拭きを意識してやるといい」(今津先生)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ