人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.03

不動産売却時の媒介契約、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介、どれを選ぶ?

住宅金融支援機構の「平成29年度における住宅動向について」によれば、一般消費者の平成29年度における住宅の買い時感について52.8%が「買い時」と回答。「買い時ではない」の6.9%を大きく上回った。

そんな中、不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは、「スマイスター」を利用した、住宅の売却を考えている20歳以上の男女を対象に「住宅の売却」についての調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

「住宅の売却」についての調査

まずスマイスターを利用した、住宅の売却を考えている人に「売却するにあたり、不安なことは何か?」を聞いた。1位『査定額が適正か』68.2%、2位『希望額で売れるか』54.2%、3位『そもそも売れるか』44.9%、4位『手数料がどれくらいかかるか』35.5%、5位『税金関連』21.5%、6位『売却できてもローンが残りそう』16.8%となり、どれもお金に関することから、金銭面の不安が大きいことがわかった。一方、『不安なことは特にない』も1.9%いた。

特に多かった不安は『査定額が適正か』でした。査定額が適正かそうでないかは、査定してもらった不動産会社が1社では他との金額の比較ができないために不明瞭だ。しかし、複数の不動産会社に査定してもらうことで、金額の比較ができ、実状の査定額を確認することができる。


「住宅の売却」についての調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ