人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.11

男子フィギュアの頂点を狙う羽生結弦のライバルたち

長きにわたるライバルあり、羽生越えに燃える期待の新星あり。4回転黄金時代の男子フィギュア界をリードする4選手が、羽生とともに華やかに表彰台を競う。

【 4回転×5種類 】

ネイサン・チェン

アメリカ

ネイサン・チェン

1999年、ソルトレークシティー生まれ。5種類(トーループ、サルコー、ループ、フリップ、ルッツ)の4回転を成功させた史上初の選手。幼少期から体操競技に親しみ、身体知覚、空中バランスなどの長所をジャンプの際の回転の速さという武器につなげている。昨季はシニア1年目にしてGPファイナル2位。今季はGPロシア杯、スケートアメリカ優勝に続き、12月に名古屋で開催されたGPファイナルで宇野を0.5点上回り初優勝を飾った。

【 4回転の申し子 】

金博洋(ボーヤン・ジン)

中国

金博洋(ボーヤン・ジン)

1997年、ハルビン生まれ。14歳で4回転トーループを成功させると、ジュニア時代に4回転サルコー、ルッツも次々と跳び、世界の注目を浴びた。2015-2016シーズンにシニアへ転向すると、GP中国杯で4回転ルッツ+3回転トーループのコンビネーションに成功。またフリーで4本の4回転を組み入れるなど、4回転時代のパイオニア的存在に。今季はチャレンジャーシリーズフィンランディア杯1位、GP中国杯2位。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ