人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.03

こんなところにできやすい!老け感や枯れ感につながる「表情ジワ」

■連載/メンズビューティー通信

表情ジワにご用心!

オトコの「シワ」は、老け感や枯れ感につながりがち。

女性は、実年齢以上に見える男性を好まない傾向があるんです。

シワには2種類あるということをご存じですか? 

簡単に言うと、表情によって出たり消えたりする「表情ジワ」と、肌にしっかり刻まれた「消えないシワ」の2つ。

特に表情ジワの場合、鏡を見る時は真顔になるので、自分では気づかないことが多いんです。

人間の肌というのは、記憶力のいい“臓器”だと思ってください。

真顔になったら消える表情ジワでも肌の記憶に残り、いつの間にかくっきりと刻まれたシワになることも。

また、肌の弾力を支えるコラーゲンやヒアルロン酸は年齢とともに減少していきますので、30代以上の方は特に注意が必要です。

喫煙や偏食だけでなく、寝不足や不規則な生活もシワのもとになるということを覚えておきましょう。

多くの男性のお顔を診てきた経験から言わせていただくと「額」と「眉間」にシワがあると、老けて見えるだけでなく、神経質に見られてしまいます。

対処法は、この部分の保湿ケアを念入りにすること。

できればアイクリームを使いましょう。

アイクリームは、女性だけのものでも目の周り専用でもないんです。眉間と額にやさしく、くるくるとなじませましょう。

すぐに目に見える効果を求めるなら、思い切って美容皮膚科に相談に行くのもいいでしょう。


MB82-005

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長
今泉明子先生

MB82-003

医学博士・皮膚科専門医。東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長、肌のスペシャリストとして活躍。

構成/メンズビューティー編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ