人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.01

手書き文字をデータ化するAIサービス「Tegaki」開発秘話

 長身の飯沼純(42才)とエリック・ホワイトウェイの二人が、共同代表を務める株式会社Cogent Labs(以下・コージェントラボ)。“AIで、あらゆる人々にとって、より良い世界を作り出すことを目指す”と謳うベンチャー企業だ。2015年半ばから本格的に事業を開始した二人は、昨年2月に第三者割当増資を実施し総額13億円の資金を調達。昨年8月には人工知能(以下・AI)技術を駆使し、手書きの文字や活字を高精度で読み取る「Tegaki」を発表した。

「Tegaki」は金融機関や公共料金の申込書、病院での問診票や診断書、アンケート用紙、テスト答案等々、様々な業界で使われてきた手書き帳票の文字を、99%以上の制度で読み取り、テータ化するプロダクト。これまで人の手で入力されることが多かった単純作業の圧倒的な効率化を実現した。

 渋谷区代官山のオフィス。木造りのフローリングとブラウンを基調にした開放感のある室内、大きな円卓やその周りに配されたデスクでPCに向かうスタッフには、外国人の姿が目立つ。コージェントラボの約40名のスタッフのうち約8割は外国籍だ。オフィスには17カ国のスタッフが出入りしている。

 そんなオフィスで共同代表の一人、飯沼純に起業の動機や理念、そして「Tegaki」が完成するまでのエピソードを聞いた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ