人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.15

日本でも存在感を増す世界3位のスマホメーカー「HUAWEI」の製品は何が凄いのか?

メーカー別最新SIMフリースマートフォンの〝裏側〟全部見せます!

今や選べる機種数が大手キャリアを上回るSIMフリースマホ。最近ではSIMフリー端末のみを展開するメーカーも増えている。お買い得モデルから最先端モデルまで各社の個性が宿る背面を全部見せます!

《 SIMフリー市場を席巻する世界第3位のスマホメーカー 》

HUAWEI

170か国以上に展開する世界有数の通信機器メーカー。モバイルネットワークのインフラに必要な機器から、モバイルルーター、スマートフォンまで幅広い製品を手がける。スマートフォンでは、サムスン、アップルに続く世界第3位のシェアを誇る。

◎ライカとコラボレートしたダブルレンズでブレーク

 もともと『Pocket WiFi』などで知られていたメーカーだが、ここ数年で国内SIMフリー市場のトップメーカーへと急成長。昨秋にはiPhoneが上位を独占する中、『P10 Lite』がAndroid勢で唯一、販売台数のトップ10にランクインしたことでも注目を集めた。

 スマートフォンで世界第3位のシェアを誇るだけあり、手頃なモデルからハイエンドまで幅広いラインアップを展開。中でもあのライカのレンズを3つ(メイン×2、フロント×1)も搭載する上位モデルは、カメラファンの評価も高い。昨年末には、3つのライカレンズに加えて、世界初のAIチップを搭載した最先端モデル『Mate 10 Pro』を投入。同社初の防水対応モデルということでも、話題となっている。

■ライカWレンズにAI&防水性能も!向かうところ敵なし

Mate 10 Pro

Mate 10 Pro
オープン価格(実勢価格約8万9800円)

世界初のAIチップを搭載。機械学習により、撮影時にシーン認識や文字認識をクラウドを介さず、高速で実行できる。背面にはライカ製のWレンズを搭載。6インチの大画面を搭載しながら、省電力性にも優れる。●約幅74.5×高さ154.2×厚さ7.9mm、178g。

HUAWEI Mate 10 Pro Mate 10 Pro spec

 

IP67相当の防水性能をファーウェイで初めて獲得
IP67相当の防水性能をファーウェイで初めて獲得。雨の日や濡れた手でも安心して使える。

本機専用にカスタムされたマイクロソフト製の翻訳アプリをプリインストール
本機専用にカスタムされたマイクロソフト製の翻訳アプリをプリインストール。外国語を撮影するだけで瞬時に翻訳できる。

ライカ製Wレンズに1200万画素カラー+2000万画素モノクロセンサーを搭載
ライカ製Wレンズに1200万画素カラー+2000万画素モノクロセンサーを搭載。

F値1.6の明るいライカSUMMILUX-Hレンズ
F値1.6の明るいライカSUMMILUX-HレンズとAIによるシーン認識で、夜景も驚くほどきれいに撮れる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ