人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.01

ビジネスセミナーに参加する前に確認しておきたい12の心得

「働き方改革」が進む今、ビジネスパーソンたちは目の前の仕事に取り組みながら、業務効率アップ、スキルアップのための自己研鑽も欠かせない。その一つの手段として「ビジネスセミナー」の参加がある。しかしビジネスセミナーに参加したことがない場合、その準備やセミナーでのマナーやふるまいなどの事前知識を備えておきたい。そこで研修・セミナー講師に参加の心得を聞いた。

■ビジネスセミナー利用実態

ビジネスセミナーは、ビジネスパーソンにとって、大きなスキルアップのチャンスになるといわれる。一般的に広く参加者を募っているものから、一つの企業や業種に向けたセミナー、研修までさまざまだ。

そしてジャンルも、役職、階層別のほか、業務別、業種別、テーマ別など幅広い。今や、何か一つの業務において、何かしらのセミナーがあると考えてもいいくらい、あらゆるジャンルのセミナーが存在する。

こうしたビジネスセミナーは、どれくらい利用されているのだろうか。

マーシュが行った首都圏在住の正社員に聞いた「自己啓発(ビジネスセミナー)に関するアンケート調査」(2007年)によれば、ビジネスセミナーへの参加経験がある人の割合は40%となっていた。また、参加経験のあるセミナーのジャンルについては、次の順に多かった。

第1位「インターネット、パソコン」39.6%
第2位「経済、経営」32.3%
第3位「ビジネスマナー、接遇」27.1%が
第4位「マーケティング」26.0%
第5位「マネジメント、コーチング」22.9%

受講のきっかけは「会社(上司)のすすめ」が55.2%と多くなっていた。実際のところ、個人的にはどのような考えでビジネスセミナーに参加しているのか。研修講師の内野しのぶさんによると、セミナー参加のタイプは次の4通りが考えられるという。

1.仕事・知識の幅を広げたい/新しいネタ探しをしている
2.自分のウィークポイントを克服したい
3.現状に何らかの不満があり自分を変えたい・変えなければと思っている
4.単に面白そう!聞いてみたい、やってみたいと自分の興味のアンテナに引っかかった

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ