人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.31

4K動画編集、ハイレゾ鑑賞、番組録画、書斎に一台欲しいNECのデスクトップPC『LAVIE Desk All-in-one』

NECパーソナルコンピュータは、新商品としてパソコン2タイプ16種類の春モデルを発表。1月18日より販売を開始する。

まずデスクトップタイプのLAVIE Desk All-in-oneは、デジタル一眼レフで撮影された写真の加工、4K動画編集、ハイレゾオーディオ鑑賞、自分専用のTV番組録画など、プライベートルームで趣味を楽しむ大人のための機能を充実させたモデルとなる。
今回刷新したLAVIE Note Mobileシリーズは、学生がキャンパスで持ち歩くことを想定し、持ち運びに適したモバイル性、在学中ずっと使える安心感に加え、キャンパスの日常に似合う「Better Basic」なデザインにもこだわり、スマートフォンなどで人気のメタリックピンクの新色も採用した。

■大人世代の趣味に最適「LAVIE Desk All-in-one」

テレビチューナー、ハイレゾ対応のYAMAHAサウンドシステムを搭載したオールインワンのデスクトップLAVIE Desk All-in-oneは、プライベートルームで自分の趣味を楽しむ大人世代に向けたパソコンだ。幅わずか2mmの極薄額縁によりほぼ映像部分のみで構成されるフロントビューは、大型TVなどで主流のデザインを実現。さらに今回のモデルより高級スピーカーで使われるスピーカーネットを採用し、プライベートなTV、オーディオとしても専用機に遜色ないデザインに仕上がった。
価格はオープン価格。23.8型フルHD IPS液晶、Core i7-8550U(4コア/8スレッド、1.8GHz)、3TB HDDなど搭載のDA770/KAシリーズで実勢価格は約22万9800円。

DA770/KAシリーズ

DA770/KAシリーズ

・写真、動画編集に最適
パワフルなインテル第8世代Core i7-8550U(クアッドコア、DA770/KAシリーズ)を搭載し、デジタル一眼レフでRAW撮影した写真の加工や、4K動画の編集もストレスなく行なえる。撮影した写真や動画を楽しみたい人への提案として、今回より本格的な写真加工アプリ「CyberLink PhotoDirector」をDA770/KAシリーズに搭載。ビデオから動きのある被写体を複数キャプチャーして合成できるモーションフォトなど、撮影後の楽しみを広げる機能を提供していく。

・さらに進化したハイレゾ対応YAMAHAサウンドシステム
日本オーディオ協会が定めるハイレゾ基準に対応したヤマハ製スピーカーを内蔵。パソコン本体設計段階からヤマハエンジニアと共同開発したことにより実現した最適なスピーカーレイアウトで、ハイレゾの豊かなサウンドを忠実に再現していく。
「Sound Space Optimizer」機能は、離れた場所からスマートフォンで音楽を操作し、スマートフォンのマイクが拾う音からユーザーのいる位置を解析。パソコンの正面にいなくても最適なサウンド効果を設定できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ