人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.29

〝インスタ蝿〟はどこまで増え続ける?

〝インスタ蝿〟

 インスタ映えするスポットや商品が相変わらず人気だ。

 若い女性を中心としたインスタのコアユーザーは、美しい景色や感動体験を伝えたいからシェアする……というだけではない。彼女たちは「シェアしたいから」そこへ行く。インスタそのものが、彼女たちのモチベーションなのだ。

 そんなインスタ至上主義をクサす言葉が「インスタ蝿」である。

〝映える〟食べ物を前にすると食べるより何より、スマホ片手にハエのように群がるため、「映え」と「蝿」をかけたというわけだ。

 もともとツイッターから生まれた言葉で「見栄えばかり追うインスタユーザー」へのやっかみや違和感から発生したと思われる。一方で『シェアしたがる心理』著者の天野彬氏はこう分析する。

「日本人は『目の前にいない相手とコミュニケーションする人』を失礼だと感じる。例えば、欧米と違い〝電車内の携帯での通話はNG〟という日本固有のマナーが生まれるわけです。同様に目の前にいない人にシェアすることを目的に、ほかのお客さんを顧みず必死にスマホをかざすインスタユーザーの姿に、ことさらマナー違反と違和感を感じる人が多いのではないでしょうか」

〈DIMEの読み〉
揶揄する勢力が増えたということは、それだけインスタが一般に浸透してきた証拠だろう。善し悪しはともかく、インスタ映えも蝿のほうも、しばらく増加傾向間違いなし、だ。

最近はすてきな画像に『#インスタ蝿』とわざとサゲのタグをつけ
「最近はすてきな画像に『#インスタ蝿』とわざとサゲのタグをつけ、〝(笑)〟のニュアンスを含ませた投稿も」(天野氏)

ツイッターではインスタ蝿をイラストにする人も
ツイッターではインスタ蝿をイラストにする人も。写真はアーティスト、アストロ温泉氏(@ASTROONSEN)が描いたもの。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ